2016年11月07日

今が旬の「小値賀の落花生@大島」

今日は、お休みだったので、
いつも民泊でお世話になっている大島の民家さんのお宅に
落花生の作り方を見てみたい!学びたい!と思って
遊びに行かせていただきました。


落花生を作って50年近くになるという、ベテラン民家さん、
崎元さんは笑顔がキュートなかわいいお母さんです。


普段は落花生以外にも、たくさんの野菜を作っていて、
冬の時期には、かんころ餅用のさつまいもや、
切干大根用の大根なども育てているそうです。


自分の畑で作った落花生は、
収穫した後は、実をつけたまま数日間、畑で天日干し。
ここが美味しさのポイントとのこと。


その後、一つ一つ手でさやをむき、
中身を取り出します。


取り出して選別された落花生は
とっても綺麗なピンク色です。

今が旬の「小値賀の落花生@大島」


今日は、この落花生を炒り、袋詰めをする作業があるということで
お手伝いをさせていただきました。


落花生がどうやってできるのか、
全く想像をしていませんでしたが、
今日、その現場を見てみて、なるほど~と勉強になりました。


落花生を炒るときは、大量の塩を入れて一緒に混ぜて
炒るのが崎元流とのこと。

今が旬の「小値賀の落花生@大島」


こうすることで、塩のおかげで落花生がこげずに炒ることができ、
さらに、塩気もちょうどよく付くとのこと。

今が旬の「小値賀の落花生@大島」


なるほど!!


火にかけたらできるだけ手を止めずに混ぜ続ける。
こうすることで、まんべんなく中まで火が通り、
おいしい落花生が完成するんです。


温めてから5分くらいすると少し色が変わってきたのがわかります。

今が旬の「小値賀の落花生@大島」


火の通り具合は、熟練の技でわかるそうです。さすが!!

その後、ざるにあけて、塩と落花生にわけます。

今が旬の「小値賀の落花生@大島」


その塩をまた鍋に入れて、新しい落花生を追加して炒る。
この繰り返しの作業が続くそうです。

今が旬の「小値賀の落花生@大島」


炒ったばかりの落花生は、とっても香ばしい香りがして、
パチパチと音を立てています。まるで活きているようです。感動。

今が旬の「小値賀の落花生@大島」


机に広げて、冷ましながら、焦げたものや半分に割れたものを
取り除く作業があります。

取り除いた落花生で使えそうなものは「りんかけ」という
砂糖をまぶしたお菓子を作って無駄をなくしているそうです。


この作業も大事とのこと。
見た目のキレイさもこだわっているそうです。職人魂ですね!


冷ました落花生は、測りでしっかりとグラムを図り、
乾燥材を入れて、封をする作業へ。

今が旬の「小値賀の落花生@大島」

今が旬の「小値賀の落花生@大島」

今が旬の「小値賀の落花生@大島」

封をしたら、後ろに製造者のシールを貼り、ようやく完成。


すべて手作業。一つ一つ心をこめて丁寧にしていることがわかり、
これは、本当に価値のある落花生だということを実感しました。


今日は20袋が完成!
今が旬の「小値賀の落花生@大島」


多いときは50袋くらい作るそうです。しかも一人で!?
脱帽です。


「お客様に喜んでもらえると嬉しいから続けている」
という崎元さんの想いがぎゅっと詰まった落花生。


今年は予約でいっぱいとのことです。
来年予約するときは、お早めに。とのこと。


私も今年初めて注文しましたが、
来年はもう少したくさん注文して、この崎元さんの美味しい落花生を
いろんな人にお届けしたいなと思います。



崎元さん、今日は一日お世話になりました。
本島にありがとうございました。
とても充実した楽しい休日になりました。


また遊びに行かせていただきます。



そして、今回個人的に予約して購入した落花生の魅力は
全国にいる大切な人たちに送って美味しさを届けたいと思います!!






同じカテゴリー(☆小値賀のおいしいもの☆)の記事画像
友達との家飲み!
おかえりなさい。
今春。引っ越しました。
宿のオープンまでもう少し!手作り料理で乾杯!
郷土料理の持ち寄りパーティー♪
久しぶりの虹!そして漁師飯で乾杯!
同じカテゴリー(☆小値賀のおいしいもの☆)の記事
 友達との家飲み! (2019-07-04 18:28)
 おかえりなさい。 (2019-04-07 16:23)
 今春。引っ越しました。 (2019-04-03 09:47)
 宿のオープンまでもう少し!手作り料理で乾杯! (2019-02-17 18:27)
 郷土料理の持ち寄りパーティー♪ (2019-02-15 18:28)
 久しぶりの虹!そして漁師飯で乾杯! (2019-01-12 13:56)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。