2019年02月17日

宿のオープンまでもう少し!手作り料理で乾杯!

昨日は、春から小値賀島の柳地区でお宿を運営する友人の家で
みんなで持ち寄りパーティをしました。

その名も「弥三(やさ)」。

4月のオープンに向けて急ピッチに進められているリフォーム工事の合間に
つかの間の休憩をかねて飲み会をすることに。

久しぶりに弥三を訪れたら、この1カ月でだいぶ進んでいてびっくりしました。
この間、イベントでみんなで作った土間もすっかり家になじんでいて感動。

あとは、部屋に畳が入るとほんと、家っぽい感じが出ていいなぁ~

残りはキッチンのところの土間と壁、そしてもう1部屋。
来週末に土間打ち作業をするそうです。

今日のメニューはこちら!
刺身がメイン!!

すべて漁師さんからのいただきもの。ありがたや~

今回はヒレナガマグロと、ヤリイカ、太刀魚。
全て、友人がさばいてくれました。美しい!



同じ魚でも盛り付け方で食欲をそそります。
飾り盛りは私も勉強になります。
太刀魚はとっても脂がのっていておいしかった~♪



その他、友人はタンドリーチキンとじゃがいものオーブン焼き、
ブリ大根、大根サラダを作ってくれて、とてもおいしかった!

私は、ブロッコリーとサトイモのサラダと
人参とキャベツのカレー風味のコールスローサラダ、なまこ酢をさしいれ。

なまこ酢も当日、昼間に知り合いのおじさまからいただいたばかりの新鮮なナマコ。
コリコリ食感がうまい!!



どの料理もとってもおいしくて、楽しい時間を過ごせました!!
最後は、みんなでトランプで大盛り上がり!

美味しい料理と気の合う仲間との時間は
とても居心地がよくて幸せ。大事な場所です。

お宿のオープンまであと少し。
私たちにもできることがあれば、協力したいと思います。

きっといい宿になる。
それはオーナー夫婦の人柄を見ればわかる。
いつもニコニコの奥さんと、その奥さんを支えるユーモアあふれる旦那さん。

私も友人知人にぜひ紹介して、宿の魅力はもちろん、
ご夫婦の魅力も感じてもらえたらと思います。

オープンがますます楽しみになりました!!
がんばれ~!!

また飲もう!!

  


2019年02月15日

郷土料理の持ち寄りパーティー♪

昨日の夜は、小値賀島で民泊の受け入れをしてくださっている民家さんの中で、
先日、熊本に民泊視察にいったメンバーで、おつかれさま会をしました。

お客様の受け入れが慣れている方ばかりなので、
民家さんのお宅で、料理をみんなで持ち寄りました。

4名集まればこんなに豪華な夕食が楽しめるなんて素敵な島のお食事会。



押し寿司、巻き寿司に天ぷら、太刀のフライ、太刀の南蛮漬け、煮物、
和え物、ごま豆腐、かまぼこ、漬物などすべて手作り。
たくさんの種類の料理がテーブルいっぱいに並べられました!すごい!!圧巻!

ここには映っていませんが、お菓子作りが上手なお母さんは
いちご大福やカフェオレムースまで手作りでお裾分けしてくれました。



自分の畑で採れたほうれん草で作った白和えや、
漁師のお父さんが釣ったイカと大根の黒味和えなど、どれもおいしそう。

私も恥ずかしながら、ブロッコリーとサトイモのサラダと
白菜のカレーコールスローサラダ、白菜の甘酢漬けを作って持ち寄りました。




揚げ物は、2人の民家さんそれぞれ作ってきてくれました。
いろいろ野菜とイカのかき揚げ。かぼちゃやさつまいも、ブロッコリーなど
いろんな野菜が入っていて栄養満点!そしておいしい!



こちらの民家さんは、春菊やニンジン、ごぼうの天ぷらと
魚のすり身をあげた天ぷらなど盛り方も美しくて食欲をそそります。

農家さんなので、使っている野菜はほとんど自分の畑のもの。
魚のすり身揚げも釣ってきた魚をすり身にして揚げたとのこと。すごい。



そして、小値賀ではお祝い事に食べられる押し寿司、
いなりずしや巻き寿司もとってもきれいに盛り付けられていてさすが!
まるでお店のお料理のよう。

こんなにたくさん種類があるのに、お肉は一切なし!?
野菜と魚と米でこんなにたくさんの種類の料理が楽しめるなんて
ほんと、すごい。料理って面白い!

どうやって作っているのか、お互いに情報交換をしながら
楽しくおしゃべり。私も料理の勉強中なので、先輩方にいろいろと
おしえてもらいました!


みなさんの手間暇かけたおいしい料理で会話もはずみ
とっても楽しくてあっという間に時間が過ぎてしまうのが家ごはんならでは。


民家さん同士も共通の話題も多く、小値賀弁がどんどん飛び交う食卓。
私はとりあえず、小値賀弁を聞くことに専念。

親戚関係が多い人が多い小値賀島なので、
いろんなところでいろんな人がつながっているようです。

島ならではあるある話がいろいろ出てきてとても面白かったです。

またやりたいね!という話になったので
お料理持ち寄りで次回のお食事会を楽しみにしています。

お金をかけずに手間暇かける。自分で作った野菜や釣った魚で料理をする。
地産地消の小値賀の食事に舌鼓。幸せな時間でした。


私もいろいろ料理を勉強して小値賀の郷土料理が作れるように
なれるようにがんばろうっと!!

いろんな刺激を受けた、いい時間でした☆
また時間を楽しみにしています!

民家さん方々、ありがとうございました。
ごちそうさまでした!

またの機会を楽しみにしています~!!
  


2019年02月07日

素敵な大根足!?

昨日の朝、地区の回覧板を届けにいったら、届けたお宅のお母さんが、
自家菜園の畑から大根を抜いておすそわけしてくれました。

大根を全部で3本抜いてくれたのですが、
そのうちの1本が女性が足を組んでるみたいなセクシーな大根でびっくり!笑



ずんぐりむっくりの大根と長いのとねじれたもの3種類もいただいちゃいました。
ありがたいです。

さっそく夜に大根とイカの煮つけを作りました。

昨日の夜は友人夫婦に誘われてご近所のお母さんのお宅に
夕食に行くということで一緒におよばれしました。

普段は一人で住んでいらっしゃる90歳のお母さん。
まだまだ元気で家の前の畑で野菜を作り、その野菜で夕食を作ってくれました。

美味しそうな煮しめとすし飯。



野菜も素敵に面取りをされていたり、卵も包丁で綺麗に飾り切りして
いました。

タケノコは去年の春にとったのを湯がいて冷凍、サトイモも湯がいて冷凍したものを
使っていました。
冷凍したまま、だしの中に入れて煮込むと味がしみこみやすいとのこと。

大根も人参もどれも味が染みていて柔らかく煮込まれていて
とってもおいしかったです。



他にも、写真は撮っていませんが
自家菜園の野菜たっぷり鍋と手作りのかぶのおつけものまで。


自分の畑で採れた野菜で当たり前に作るおいしい料理。
地産地消の暮らしが根付いている田舎のお母さんたちの生き方。
素敵です。

味付けも素材の味を生かした優しくてシンプルな味付けで
とってもおいしかったです。

自分のことは何でも自分でやる。作る。
その前向きな気持ちと栄養いっぱいの料理を
バランスよく食べることが元気の源!

90歳まであと50年以上かぁ・・・
自分はこれからどんな生き方をしていくんだろう?

食べ物には困らないくらいの生活ができて、
前向きに楽しい人生を過ごしていけたらそれで充分かなって
思うようになった今日この頃。


島民の暮らしを肌で実感できる機会が多くて楽しいし刺激になります。
これからもいろんな方々と出会う中で自分らしい暮らし、生き方を
していきたいな。