スポンサーリンク

上記の広告は、30日以上更新がないブログに表示されています。
新たに記事を投稿することで、広告を消すことができます。  

Posted by のらんば長崎運営事務局 at

2017年01月14日

片道5時間かけて日帰りでパン教室へ!

昨日は1日お休みだったので、
福岡のパン教室のレッスンを受けるために日帰りで島を出ました。

朝7:40の出航時、
朝日がとっても綺麗でした。
写真にはうまく映らなかったけれど、
実際はピンク色で美しい朝日でした☆




フェリーで佐世保まで片道3時間、
そこからバスで2時間かけて福岡へ。


パン教室を行っている
ABCクッキングのスタジオがあるのは天神エリア。


昨年末に、友達に誘われてパン教室の体験レッスンに
参加したときに、とても面白かったし、
プロの先生から、パン作りの基礎を学びたいと思ったので、
思い切って「パンコース」に通うことにしてから、あっという間に一か月。


今日が申し込みをしてから初めての日、第一回目。

「ツインブール」というシンプルなパン作りを教えてもらいました。


材料の測り方や生地のこね方、発酵の仕方や
焼き方など、一つ一つ丁寧に教えてくれてとてもわかりやすくて
約2時間かけて、本格的なパンを作ることができました。

生地は同じで、上に載せるものを変えて作りました。
あられ糖と、くるみとグラニュー糖の3種類。


完成!!いい香り~



上手に焼きあがったみたい。嬉しい♪
なんか、見た目がかわいいし、食べるのもったいない・・・。


焼き立てなので、すぐに試食したいな~と思ったけど、
これはいつもお世話になっているご近所の
お父さん、お母さんにおすそわけをするために
箱に入れてお持ち帰りしました。




喜んでくれるといいな~。


パン作りの先生が、熱心にメモ書きをしている私に
積極的に学んでくれて嬉しいですと声をかえてくれたので、
私が小値賀島というところから片道5時間かけてきていて、
パン屋がないので、パン作りを学びにきたことを伝えると、
本当に驚いていて、それは感謝です。と笑顔で言ってくれました。


そういって喜んでもらえて、逆に嬉しかったです。


しかも、その先生はもちろん、講座に参加していた他の方も
その場で小値賀島のことを調べてくれて、
素敵なところですね。ぜひ行ってみたい!というお言葉もいただき、
こういう場所で小値賀のことをPRできたこともよかった!!



たしかに片道5時間もかけて、わざわざ小値賀から福岡まで
パン教室に通うって、なかなか勇気というかモチベーションがないと厳しい。
料理教室代より、交通費のほうがかかってるのでは?と思うくらい(苦笑)


ただ、パン好きな私として、
おぢか島にパン屋さんがないので、
大好きなパンを自分で作りたいなと思ったのはもちろんですが、

一番の理由は、
いつもお世話になっている小値賀の島民のみなさんに
何かお返しできるものとして、パンを焼いておすそわけしたいなと
思ったからです。


魚や野菜、お米などいろんなものをおすそわけしていただいたときに、
これまでは、ホームベーカリーで食パンを焼いたり、
お菓子を焼いたり、静岡の実家からのお土産を渡していたけれど、
おぢかの人はパンが好きな人も多く、焼き立てのパンを
おすそわけしたら、喜んでもらえるかな~と思ったのが、
パン教室に通おうと思った、一番の理由です。


私もパンが大好きで、
パンを貰ったら嬉しいから。


もちろん、日帰りで福岡まで行って、帰りもフェリー太古の
深夜便で帰るのは大変ですが、
パン作りの基礎を習い、美味しく作れるようになれば、
休日にパンを焼いて、小値賀でお世話になっている人たちに
プレゼントできる。

喜んでもらいたい!という想いをもってこれから月に1~2回ほど
夏まで通う予定です。


もともと「パンが好き」
そんなシンプルなことから
ここまで人(=自分自身)を動かすことがあるんだと
自分で自分の熱い思いと行動力に驚いていますが(笑)


とにかく、自分自身がパン作りを楽しみながら、
そこで得た知識を生かして、おぢかでの島暮らしの中で
周りの人に喜んでもらえるものを作り、
今後も増やしていきたいなと思っています。


次は、ベーコン&コーンの総菜パン作りです!!
  


Posted by みのりん at 07:30Comments(0)島暮らしのいろいろ