2016年11月29日

小値賀のイノシシの解体のお手伝いをしました!

昨日は、小値賀で初めて、猪の有害捕獲のための
「くくりわな」の設置をしました。

役場の方にも協力してもらい、
この2週間位、毎日米ぬかを置いて
餌付けをしていた場所に、くくりわなを
仕掛けました。


ここからまた毎日見回りです。
野生動物との知恵比べ。
あせらず、着実に捕獲できるように
頑張ります。


くくりわなと箱わなを設置した後に
地元の猟師さんが、おととい捕獲した猪を
解体するということで、勉強のために
私も一緒に解体作業をやらせてもらえることになりました。


90キロ級の大型イノシシで、止め刺しの後
内臓を取り出して、氷漬けにしておいたとのこと。

そこからイノシシを取り出して、足をくくってチェーンで引き上げる。



すごい迫力!でかい!

猟師さんも、こんなに大きい猪は初めてだと驚いたそうです。


いよいよ、皮はぎです。



釣るしてある足くびにナイフで切り目を入れて、
そこからはいでいきます。

私が静岡で解体していたときは、鹿がメインでしたが、
イノシシをさばくときも行程はほぼ同じ。


ただ、鹿は脂が少ない分、下にひっぱれば洋服のように
するりとむけやすいのですが、イノシシは皮と肉の間に
肉がけっこうついているので、その美味しい脂を皮ではなく
肉に残したまま皮をはぐのが時間がかかるんです。



こんな感じ。
少しずつ丁寧にはいでいきます。

脂をのこしながら上手に皮をはぐのはなかなか難しくて
時間がかかります。

特におしりのところは脂がたくさんついているのが
目で見てもわかるほど。なんとか脂を残さないと。



解体しはじめて1時間ほどでようやくここまで。



皮をはいだら、今度は骨抜き。精肉。


猟師さんによって解体の仕方はいろいろあるということですが、
今回はおしり~背中からナイフを入れて解体していました。

背中にもすごい分厚い脂が!!




ちなみにこれが、
★今回の解体の一押し写真★

解体しているおじさまの姿が、かっこいいです!




背中からあばらまでの肉をそぎおとすと
こんな骨だけの姿に。あんなに大きかったイノシシが小さく見える。
それだけ一頭から取れる肉の量が多いということ。豚も同じ。




最後に太ももまで解体。
2.5人で解体して、約1時間半!!
終わった~


食べられるところの肉を、すべてとったらこんなお肉の山。
すごい量!?一家で一年分以上のお肉になりそう。



猟師さんは自宅にお肉の保管用の冷凍庫があるとのこと。
いいな~。


私も解体をお手伝いさせてもらったので、
猟師さんが、猪肉をおすそわけしてくれました。
こんなにたくさん?!




とりあえず寝かせると旨みが出るそうなので、
毎日ドリップを取り除いて美味しいイノシシ肉に
しあげていきたいなと思います。


☆夜に、塩コショウで軽く焼いたらめちゃくちゃ美味しかったです!
今度はイノシシの角煮を作ろうかな。
  


Posted by みのりん at 19:00Comments(0)島暮らしのいろいろ

2016年11月28日

絶品!!始めての魚の刺身に感動!

今日の夜は、ご近所のお父さん、お母さんの家で
キムチ鍋&刺身の飲み会をするからおいで~と
お誘いをいただき、ありがたくお邪魔しました。


最近忙しくて、なかなか顔をだせなかったこともあり、
久しぶりにゆっくり時間を過ごせるのは嬉しいなと思って
楽しみに向かいました。


今日のめいんでぃっしゅの刺身は、
私が小値賀に来てからもまだ食べたことがない、
「ソウダガツオ」というお魚でした。

「メジカ」とも言うそうです。


とにかく、刺身が綺麗!!
ご近所のお兄さんが差し入れしてくれた刺身ですが、
プロの料理人?!と思える位、すばらしい刺身の切り方。



これが、家飲みで楽しめるなんて、本当に贅沢です。
いつもありがとうございます!
感謝です。


そして野菜とお肉たっぷりのキムチ鍋。
出汁からちゃんととって作ってくれていました。



これも旨みがぎゅっとつまってとっても美味しい!!


他にも写真は撮り忘れてしまいましたが、
お母さん手作りの、なますとひじき煮もあって
どちらも本当においしかったです。


なんだかんだで、18時半からスタートした飲み会も
あっという間に23時半?!
5時間も飲んだり食べたりしていたんだぁ~と。

気の合う方々との楽しい時間は
ほんと、あっという間に過ぎ去るなぁ~と
改めて感じた久しぶりの飲み会でした。


ごちそうさまでした!  


2016年11月25日

この時期の風物詩!!

小値賀は、さつまいもを育てている方が多い島です。


なぜなら昔から温暖な気候と
火山で出来た島だからこそ、
ミネラル豊富な赤土の土壌があり、
そこで育つサツマイモは甘くておいしいんです。

もちろん、サツマイモだけでなく、
じゃがいもやかぼちゃ、落花生なども美味しく育っています。


そんな、美味しい小値賀のサツマイモを掘ってから、
スライスしてゆでて、道端で干している光景が、
この時期、島のあちらこちらで見ることができます。



みなさん、いろんな干し方をしているんですよね。
網で囲んでカラスなどに食べられないように工夫している方もいます。


この景色を見ると、
あぁ~。冬が来たなぁと感じますね。


ちなみに天気のよい日に干すと、
きれいな黄金色になるそうです。



たしかに綺麗!

お天気と相談しながら、どのタイミングで干すか
どれくらいの時間干すのかなどは、
長年の経験がものを言うとのこと。

とにかくカビが生えないように
しっかりと干して水分を抜くことが大事。


おぢかではサツマイモのことを「かんころ」と呼ぶそうで、
五島列島のほうでも同じように
かんころと呼び、これにもち米をまぜてつぶして
しょうがや砂糖、ゴマなどで味付けして
成形した「かんころもち」が人気です。
私も好きです。


そのまま切って食べたり、
トースターで軽く炙ると香ばしくてまた美味しい。


小値賀でも、家庭で作っている方が何人かいて、
たくさん出来たら、親戚や家族や子どもに送るそうです。

今の時期はかんころを干して、
それをかんころ餅にする作業で大忙し。


各家庭で味付けが違うかんころ餅は
さつまいもの甘さを生かしてつくっていて、
ほっこりした優しい味わいが、とても美味しいです。


私も昨年は、小値賀にきて初めてかんころもちを食べて
その美味しさに感動!
何人かの方にいただきましたが、
それぞれいろんな味付けがあってどれもおいしかったです。


今年もおすそわけいただけたらなぁ~
って期待しています(笑)


そうそう、
今晩は、知り合いの漁師さんから
マグロの刺身を2種類もいただきました☆
しかもさばきたて!新鮮!

食べ比べてみてね。とのこと。



ヒレナガマグロと、ヤイトマグロ。


ちょうど、私と同じく魚好きな友達の家で
飲み会を予定していたので、
この刺身を差し入れでもっていきました。

友達も大喜び!!
大好きなマグロを友達と食べながら
思わず話もはずむ、幸せな時間を楽しみました。


漁師さん、ありがとうございました。
どちらのマグロも脂がほどよくのっていて、
とってもおいしかったです。


ごちそうさまでした。


たべきれなかったマグロは明日のお昼に
マグロの漬け丼にしていただきます☆  


Posted by みのりん at 22:40Comments(0)島暮らしのいろいろ

2016年11月24日

山から海へ。やっぱり島は魚が美味しい!!

今日は久しぶりに、島の飲み仲間との飲み会。

今が旬のマグロが手に入ったということで
ありがたく飲み会に誘ってもらいました。


しばらく、宮崎県の椎葉村という山深い地域に遊びに行っていたので、
島で採れる魚を食べる機会は御無沙汰していましたが、
やっぱり魚好きな私としては、久しぶりの刺身、
しかも「マグロ」というだけでテンションあがります!

ほんと、単純なんですよね~
美味しいものには目がないというか・・・
食い地がはっているというか(笑)
まぁ、ただの食いしん坊ですね。

今日のメインディッシュ。
「ヤイトマグロ」の刺身!!
脂がのっていて見るからに美味しそう♪



はい。
もちろん美味しかったぁ~!

2日ほど寝かせておいたというマグロは
脂が身にまわって、甘みが増している感じ。
さすが、寝かせ上手のおじさまです(笑)


イサキやタイのように、薄切りにしてコリコリとした
食感の刺身も好きですが、こういうマグロのように
あえて厚切りにした刺身にすることで、
ねっとりとした食感が楽しめるのも好き。

口の中に広がるマグロの旨みがたまらない~。
幸せ~


それから、
マグロの皮を炙って、醤油としょうがに漬けた皮漬け。
これも、絶品!!




炙られたことで皮と身の間の脂のうまみが溶け出して
美味しい~!(^^)!


さらに、魚の鍋は
今が旬のブリの子どものヤズのアラで出汁をとったもの。



野菜たっぷり!魚のすり身やヤズの切り身も
たくさん入っていて、旨みがスープに溶け出して美味しい~

しかも、ヤイトマグロの刺身をしゃぶしゃぶして
食べたのも美味しかったです!


魚好きの私にとっては、本当に幸せな瞬間です(*^_^*)


お酒好き、魚好き、居酒屋好きな私ですが、
お金がなくてなかなか居酒屋さんに行けない私でも
お店以上のレベルの新鮮な魚料理を楽しめる飲み会は
ありがたいものです。


やっぱり小値賀島は、
この「新鮮で美味しい魚」をもっともっとウリにして
PRしなきゃもったいないな~!と
思ったお魚飲み会でした。


島の人たちがよくいう
「小値賀の魚を食べたら
他では食べられないよ~」という気持ちも
最近よくわかるようになりました。



ごちそうさまでした☆
そしてまた、お魚が手に入ったらいつでも誘ってください(笑)

  


2016年11月23日

初めての一人旅もいよいよ最終日!!@宮崎県・椎葉村

椎葉村への一人旅、最終日!!

今日は観光協会の事務局の女性に、
椎葉村でもとても有名な「八村杉」と「大久保の大ヒノキ」を案内してもらいました。

どちらも「国指定天然記念物」に認定されている貴重な木です。


八村杉がある利根川地区は、歴史的景観を保持しているということで
「伝統的建造物群」として指定を受けている場所にもなっています。
たしかにとても綺麗な木造の建物が多いです。



昔から裕福な家庭が多いそうで、今でも塀も立派!!
高い塀が綺麗に並んでいます。




そして、集落の反対側にあるお目当ての八村杉へ!
こちらの杉は高さが54mで、日本で2番目とのこと!



根周りは国内4位で19mもあるそうですが、
今は保護のために、土をかぶせているためその太さは
見えませんが、それでもその幹の太さと高さは圧巻です!

見上げても、頂上は見えないくらいに大きい!!




これはみる価値あり!
椎葉のパワースポット、発見です!!


★八村杉
http://www.shiibakanko.jp/ss_index.php?act=dt&gid=4


そして八村杉から少し車でいったところにある、
大久保集落にはもう一つのパワースポット「大久保の大ヒノキ」です。


大久保地区で昔から守り神としても崇められてきた
樹齢800年以上のヒノキ。



躍動感は杉とはまた違った魅力がありました。
通常だとまっすぐ伸びることが多いヒノキが
ここのヒノキは、幹が何本も伸びていてくねくねしているのも珍しい。
どの幹も太く、立派です。



夜になると動きだしそうなくらい?!



ちょうど紅葉が見ごろで、コントラストが素敵でした。



一周できるようになっていて、見る方面によって
まったく違った雰囲気になるのがとても面白かったです。


まるで、紅葉を抱きかかえているかのようにみえる場所も。




★大久保のヒノキ
http://www.shiibakanko.jp/ss_index.php?act=dt&gid=5



とても素晴らしいものを見ることができて
大満足でした。これは椎葉村の財産だなぁ~と。

また見に行きたいと思える魅力的な場所でした。


そして最後に、お昼ごはんに訪れたのは、
観光協会のある場所の近く。
「よこい処 しいばや」さん。

親子で経営している地元でも人気の手打ちそば屋さん。
オープンして5年とのことで、明るい日差しが入る居心地の良い店内です。

今回は、おすすめされたBセットを注文。

手打ちそば600円に+360円追加すると、
前菜3種と、ごはんと、豆乳プリンとコーヒーがついているお得なセットです!


前菜も、椎葉の豆腐を使った田楽と、煮〆と、
椎葉のしいたけの南蛮漬け。どれも美味しかった!



そして、手打ちそば。
ここのそば粉は、お母さんが住んでいる利根川地区で
作られたそばから出来たもの。すべて椎葉産!



手作りのユズコショウを添えていただきましたが、
本当に美味しかった!
つるっとした食感とそばの香りが絶品。

出汁も美味しい!
よく使われる昆布だしではなく、シイタケやゴボウなど地元のものを使っているそうです。
丁寧な仕事を感じる美味しさです。

そして、おまちかねのデザート。
「豆乳プリン」です。

椎葉村は豆腐屋さんも何軒かあり、
そこの豆乳を使って作るプリンは絶品ということで楽しみにしていました。



しかも、中には、季節の果物を使ったソースが
入っていて、今回は、椎葉村で唯一作られている苺のソースいり。



生クリームも入っていて、
豆乳プリンとの相性も抜群!

なめらかでやさしい味わいの中に
苺のソースがアクセントになっていて、本当に美味しかったです。
幸せな瞬間。

これは、椎葉村に来たら絶対食べてほしい!と思う逸品です。

よこい処の御主人とお母さん、そしてスタッフのみなさま
ごちそうさまでした。

こだわりの詰まったおそばも前菜もデザートもすべて美味しかったです。
これだけ充実していて、960円!!安い!!

また絶対食べに行きます!!


そしてお店の活躍を応援しています。

★よこい処 しいばや
http://www.shiibakanko.jp/fd_index.php?act=dt&gid=2



椎葉村に来て二泊三日、あっという間でしたが、
本当に充実した時間を過ごすことができました。

観光協会のみなさまにいろいろとコーディネートしていただいた
おかげで、満喫度が100%です!
ありがとうございました。

少ない人数の中で、一人ひとり頑張っていて、
お客様にも椎葉の魅力を伝えたい!喜んでもらいたい!という
想いがあふれる接客と、丁寧な対応をしている姿に
改めて同じ、観光協会として、自分達が果たすべき役割の
大きさ、大切さを感じることができました。


私が今住んでいる、小値賀の海の魅力に惹きつけられていましたが、
椎葉村のような山の魅力も改めて再認識させてもらった充実した旅でした!!


そして椎葉のファンになりました。
さっそく観光協会が行っている
「しいば好き人~椎葉のファンクラブ~」に入会して帰りました(笑)

いろんな体験ツアーの案内を送ってくれたり、
通信や特産品についてもいろいろ紹介してくれるそうです。
ちなみに会員は1000名以上いるとのこと、すごいな~

おぢかでもこういうファンクラブのようなものを作っても面白そう♪


今回、小値賀に視察に来てくれたことがきっかけに
私も椎葉村にこれて本当によかったと思います。
出会い、ご縁に感謝です。


同じ観光地として大きい規模ではないけれど、
小さくでもコツコツ頑張る大切さを学ぶことができ、
これを小値賀に帰ってから、観光協会として
ますます良い方向に生かしていけるように頑張りたいと思いました。


ほんと、いい旅でした!
一人旅もいいものですね。


でも今度椎葉村に行くときは、友達と一緒にいって
椎葉の魅力を紹介したいなと思っています!!


椎葉村のみなさま、ありがとうございました。
また遊びに行きますね!!


  


Posted by みのりん at 18:40Comments(0)お気に入りの場所

2016年11月22日

最高の紅葉日和!!@宮崎県・椎葉村

宮崎県の椎葉村に遊びに来て2日目!!

今朝は朝6時に起きて、6時半から「雲海」が見えるスポットを
案内してもらいました。
扇山という場所で車でかなり急な坂を登っていくと・・・

山の間に雲海が!!
綺麗!




初めての雲海。
テレビでは見たことがあったけれど、本物を見るのは初めてで
感動!!天空の世界?!



とても綺麗で感動しました。
旅は、想像を超えるものを見たときや感じたときに
感動をするんだなぁって。


小値賀にも素敵な景色がたくさんあるので
こういう感動を伝えられるといいなと思います。


宿に帰ってきたら、お楽しみの朝食。
「龍神館」は朝食も豪華!!とても美味しかったです。




その後は、地元の一級建築士のおじさまが
遊び心満載のツリーハウスを建てているということで
旅館のおかみさんと、地域おこし協力隊の女の子と3人で
見に行ってきました。




紅葉が散ってじゅうたんのようになった
山道を15分ほど歩いた先に見えたのは、・・・・


15mほど高い位置に作られたツリーハウス!!すごい!!



登るためのはしごも木でできていてしかもかなり急?!
高所恐怖症の人は厳しそう(苦笑)






まだ製作途中とのことで、これが完成したら
ここでいろんなプログラムをやりたいとのこと。
カフェとかできたらいいなぁと思ったり。
夢のある秘密の空間。


子どもも大人も喜びそうな
こんなターザンのような遊びもできるんです。私もチャレンジ!
楽しかった~♪




小値賀でもツリーハウス出来ないかな~


そのあとも、おすすめの滝を見せてもらったり・・・



椎葉ダムを見たり・・・



椎葉村を一望できる、とても眺めのよい展望台から天空の棚田を見たり・・・





大きなイチョウの木を見たり・・・







★松尾の大イチョウ
http://www.shiibakanko.jp/ss_index.php?act=dt&gid=7


天気もよい中で、
秋を感じることができるいろんなスポットに案内してもらい、
とてもリフレッシュできました。


そして、最後は夜の神楽。
年に一度、椎葉村では26地区でそれぞれの神楽が行われるそうで、
無形重要文化財にも指定されています。

私もちょうど二日目の夜に
「栂母神楽」が行われるということで
見学に行ってきました。



通常は18時から次の日の朝9時まで長時間の神楽。
19時から朝まで踊り子が舞うそうです。すごすぎる!!

しかも地元を中心とした観客もいて
その人たちも朝までずっと見ているそう。
年に一度ということで、みんなこの日を楽しみにしているようです。



栂母神楽は全部で33の踊りがあり、一つの舞も15分以上。
それをかわるがわる栂母地区の踊り子の男性が
15名ほどで交代しながら舞うのです。



それを33パターンも?!すごすぎます。




栂母出身で今ここに住んでいなくても
この神楽のときは帰ってくる息子さんも多いとのことで
舞い手となる人も若い人も何人かいました。

すごい地元愛ですね。


私は眠気に勝てず、
今回は10つの舞を見てから宿へ。

来年は朝までコースで神楽を見てみたいなと思います。


魅力満載の椎葉村です!!  


Posted by みのりん at 23:30Comments(0)お気に入りの場所

2016年11月21日

念願の初めての一人旅!!@宮崎県・椎葉村

今回、久しぶりに三連休をいただき、
初めての一人旅にいってきました。

今まで、友達のいる地域に一人で遊びに行くことはあっても
いわゆる「観光地」という場所に一人で行くのは初めて。
実は前からちょっと女一人旅に憧れていました(笑)

目的地は、
宮崎県の山奥にある面積は大きいけれど人口は小値賀と同じくらいの村、椎葉村。
「しいばそん」と読みます。

小値賀島から高速船で1.5時間で佐世保

佐世保からJRで新鳥栖経由で熊本まで約2時間半

熊本からレンタカーで2時間半。

片道、約6時間半かけてようやくたどりついたのは宮崎県の奥田舎にある村です。
那須大八郎と鶴富姫伝説で有名な場所。



☆椎葉村観光HP
http://www.shiibakanko.jp/

紅葉の見ごろは先週とのことでしたが
場所によってはとても綺麗な紅葉が見れて、大満足!
小値賀は落葉樹がほとんどないため、秋を感じることが少ないので、
やっぱり紅葉を見て季節を感じるのはいいな~。




今回はなぜ、椎葉村に旅行へ来たかというと、
実はこの夏に椎葉村から観光協会や役場の商工観光課の方々、
地域で観光に携わっている旅館民宿やガイド部会の方々など
10名ほどが小値賀に視察研修に訪れてくれたんです。


それがきっかけで椎葉村のみなさんと知り合うことができ、
そのときからずっと気になっていた椎葉村にぜひ行ってみたいと思っていたところ、
ちょうどこの秋にお休みが取れたんです。

仕事ではなく個人的に遊びにいきつつも、
せっかく観光地に行くので、
いろいろ他の観光地のことを学びたいという気持ちで・・・。


椎葉村の観光協会の方に事前に連絡していたこともあり、
当日は椎葉村の観光協会に所属している
地域おこし協力隊の女性にいろいろ案内してもらうことができました。

椎葉村の観光協会は、椎葉民俗芸能資料館の中にあります。
厳島神社の鳥居が目印。




今回案内してくれた女性は昨年秋に地域おこし協力隊の隊員として
椎葉に移住してきて、今は観光協会の仕事を頑張っています。
会う人会う人、声をかけてきてくれて、
地元の方々に愛されていることがわかりました。努力してるなぁ~


初日の宿は「龍神館」という、料理が得意で人柄の温かい
おかみさんが一人で経営している素敵な旅館です。

ここのおかみさんも小値賀に視察に来てくれた方で、
皆さんが、ここはお勧めだよ~とすすめてくれていた宿なので、
一度泊まってみたいと思って予約しました。
私のことも覚えていてくださって嬉しかったです。



旅館をオープンして21年目とのことですが、
とても綺麗で新築のようなお宿は椎葉の木をふんだんに使って作ったログハウス風。
きちんとお掃除、手入れをされているんだということがすぐにわかります。


私が泊まったお部屋も素敵な薪ストーブの煙突があるのでとても温かくて居心地がよいお部屋でした。
実は、秋篠宮文仁親王様が椎葉村に来られたときも
こちらのお部屋に泊まられたそうです。すごい!!






こちらのお宿は、芸能人や著名人も数多く訪れたり、リピーターも多く、人気のお宿。
色紙もたくさん飾ってありました。

居心地のよい空間とおかみさんの人柄の良さ、そして
椎葉村の食材をふんだんに使って作る田舎の料理が豪華で美味しいと評判なので
私も楽しみにしていました!


夕食は、いろりのある素敵なお部屋で。
品数の豊富さが人気の秘密!もちろん椎葉の食材を使って作る料理はすべて喜久子さんの手作り。

前菜3種、イワナの刺身や煮〆、てづくりこんにゃく、
干したけのこのきんぴら、しいたけの南蛮漬け、山芋の茶碗蒸し、などなど


他にも、
季節の野菜と山菜の天ぷら


猪肉の手打ちそば


シカ肉としいたけのバター焼き


ヤマメの囲炉裏・塩焼き


写真にはありませんが、
雑穀ごはんや手作りのブルーベリーババロアもありました。
20品近くの料理!すごいボリューム?!


これだけの品数をいただける宿はなかなか椎葉でも珍しいそうで、
少しずついろんな椎葉の料理を食べてもらいたいという
おかみさんのおもてなしの心がすばらしいです。
見習うべきところですね。


しかもどれも美味しい。幸せ~!!
小値賀ではなかなか山の幸を味わう機会がないので
山の幸好きな私にとっては幸せな瞬間。


おなかいっぱい~


今回は観光協会の事務局の女性と
地域おこし協力隊の女性も2名、全員で4名で一緒に夕食~宿泊まで楽しみました。

お互いの地域のことや観光のこと、働き方のことなど、
美味しいごはんを食べながら夜遅くまで女子トークで盛り上がりました。

お互いの悩みやこれからやりたいことなどを共有できて
とても有意義な時間でした。

飲みニケーション=コミュニケーションは大事!!だと
改めて実感した素敵な夜でした☆


次の日は6時半に起きて雲海を案内してもらえることに。
天気も良さそうなので、とっても楽しみです。


→椎葉村の魅力は、次へ続く・・・


★☆龍神館の紹介ページ☆★
http://www.shiibakanko.jp/hl_index.php?act=dt&gid=3
  


Posted by みのりん at 23:28Comments(0)お気に入りの場所

2016年11月19日

年に一度のバレー大会に参加!





写真は先日のスーパームーンの日の一枚。
(※バレー大会の写真を撮り忘れてしまったので・・・★)
家から徒歩1分の港で綺麗な満月がみれました!
海面に輝く光が美しくて、思わずぼーっと見とれちゃいました。



《☆島の恒例行事のバレー大会☆》
16日~18日までの3日間、小値賀で年に一度開かれる、
町長杯のバレー大会に参加しました!

いやぁ~、
バレーをしたのは高校生以来だったけど、
みんなで体を動かす競技をするのはすごく楽しかったぁ☆

今年で19回目の小値賀のバレー大会。
ということは、もう19年も続けているとのこと。
すごい!!

しかも、毎年約10チーム位が参加していて、
総勢100名近くの町民が関わってるそうで、それにも驚きました。

人口2600名弱の島で100名がバレー大会に参加するって。
参加率が半端ない(笑)
さすが、おぢか愛のある人たちが多い島です。

プレーする人はもちろん、それぞれのチームの応援団もたくさん来ていて、
毎試合が大盛り上がり!

各チーム、選抜6名のうち、必ず一人は女性か、
50代以上の方をいれるというルールがあるとのこと。

私が参加したチームは、19才から40才位までの20名近くのグループを
半分に分けてそれぞれ、女性を一人ずつ入れて、他のチームと対戦しました。


今回もすごい熱気の中、3日間に及ぶ大人の本気のバレー大会が行われ、
激闘の末に私たちチームは若手のグループが3位!
若手ではない?(笑)もう1チームが6位に。大健闘!!


みんな、チームで声かけあいながら本気で頑張っていました!
私はバレーは得意ではないけど、チームのメンバーが、
フォローしてくれたのでなんとか頑張れました。
なにより楽しくできたのがよかったです。
メンバーの皆さんには感謝!


私自身、今回初めてバレー大会に参加して、
しかもチームメンバーは初めて会う人ばかり。
でも、そういう人たちと一緒に協力して行うバレーは、
なんだか新鮮でとても楽しかったです。

練習日を入れると4日間、みんなでバレーをしてきたので、
短期間にぐっと仲良くなれた感じ。
やっぱり体を動かしたりコミュニケーションを計れることをする場は大事!

昨日の打ち上げも2チームで20名近く来ていて、盛り上がって楽しかった♪
私は久しぶりの居酒屋が嬉しくて(普段は発泡酒ばかりなので、
お店で生ビールが飲めるのが最高!!)、テンション上がって飲み過ぎた~(笑)


小値賀に移住して一年半。
これまでは、地元の同年代の人たちと知り合う機会がなかなかなかったけど、
こういう機会にいろんな人と知り合えて本当によかったです☆
また楽しみが一つ増えた気がします。


島暮らし二年目。
今年は仕事以外での出会いも大事にしながら、
地元の同年代の人たちとのつながりを作って、
また新しく島暮らしの楽しみを探していきたいな~。
と思っています(^^)




  


Posted by みのりん at 15:23Comments(0)島暮らしのいろいろ

2016年11月17日

今日は嬉しいマグロ祭り(笑)

今日は小値賀でも今が旬!?
ヒレナガマグロをいただきました!


一つは確実にヒレナガマグロ(笑)
もう一つは、マグロとしか聞いてないので種類はわかりませんが…。


ヒレナガマグロは安く手に入ったからということで
私もマグロの刺身を「サク」の状態でおすそわけいただきました。
すでにこの状態でも脂がのっているのがよくわかります!




しかも、昨日仕入れたとのことで一日寝かせた分、
うま味もアップしているよ~とのこと。嬉しい♪


もう一つのマグロは「マグロいるか?」という連絡をいただき
「もちろん!」と即答!

ご近所の漁師さんにおすそわけいただきました。
家に帰ったことを伝えると、いつものように
息子さんが代わりに「こんばんわ~」と届けてくれました。

マグロの刺身だと思ったら、
さらに、マグロの握りとイカの刺身までついてる!




こちらも脂がのっていて美味しそう!豪華すぎる~!?
寿司大好きなので嬉しい~!


まさか、1日にマグロを2種類もいただけるとは☆奇跡!

小値賀ではブリやヒラス、イサキ、ハガツオなどの魚はよく
採れるそうですが、マグロが釣れるのは珍しいとのことで、
私も久しぶりにマグロをいただきました。


その味は・・・


まさに今が旬のマグロならでは!絶品です!!




寝かせたからこそのマグロのうまみ。
こんな私でもわかる。

口の中に広がる、ねっとりとした触感と
マグロのうま味がふわ~っと広がるこの感じ。
めちゃくちゃ美味しい!!

感動!!幸せ~♪


小値賀の居酒屋さんでもなかなか食べられないのでは?
と思う位のクオリティの高さのマグロの刺身です。


日本酒をちびちび飲みながら・・・
魚と酒はやっぱり合う!
一人まぐろ祭りです(笑)

本当はお友達ともこの美味しさを共有したかったけど、
この2日間は夜にバレーの大会があって
終わるのが21時半過ぎなので、さすがに声かけずらくて。残念。
次回こそ!


小値賀、最高!
マグロ、バンザイ!
漁師さんに感謝!!


このマグロの美味しさは、
仕事で疲れた体にしみました。


食べきれなかった刺身は、
だし醤油で漬けて、明日のお昼のマグロの漬け丼用に♪
それもまた楽しみです!


ごちそうさまでした。
おすそわけしてくれたみなさん、
ありがとうございました☆  


Posted by みのりん at 22:30Comments(0)☆小値賀のおいしいもの☆

2016年11月17日

猪、いる~!!!@おぢか島

今日は、朝から嬉しいことが!?


おととい、有害捕獲について少し学び、
昨日から、猪がいそうな場所を教えてもらったところに、
米ぬかを撒きました。


これは、その場所に本当に猪がいるかどうかを確かめるため、
そしてもしいるとしたら、その猪をエサで誘引するための作業。

すぐにわなを仕掛けるのではなく、
まずは相手の状況を把握することが有害捕獲の第一歩。

あせらずじっくりと。


少しドキドキしながら、昨日米ぬかをまいた現場に行ってみると・・・


わぁ~!




山もりにまいた米ぬかが、全部食べられている!
しかも近くには、猪の足跡と思われるものも!
・・・と、なんだか嬉しい気持ちに。


ということは、確実にここには猪が住んでいるのは間違いない!
しかもある程度の距離で囲われたワイヤーメッシュの中に
猪はいることがわかりました。


足跡の大きさからしてもそんなに大きくはなさそうだけど
50kg位はあるんじゃないかな~という予測。





いることがわかると、一気にリアリティが増しますね。
この場所を教えてくれた方に、米ぬかの件を報告すると、
これは確実にいるね~
ということで、今日からカメラをつけてくれるそうです。


猪の行動範囲や習性をこのカメラに映った姿から
把握して、その後にわなを仕掛ける予定です。


まずはこの数日は毎日エサやりをして、
警戒心を解くことが大事。



今日も追加で米ぬかを撒いてきたので
明日も食べてくれているといいな。


猪は家畜ではないし、育てるつもりはないけれど、
こうやってエサをやって食べてくれるという
結果に出てくるのは嬉しいものです。


ただ、いつかは捕獲するための作戦の一つということは
あくまでも猪に気付かれないようにしないと。と思っていますが★


明日も朝から見回り頑張ります。
  


Posted by みのりん at 08:00Comments(0)島暮らしのいろいろ