2017年11月17日

野崎島にある謎の巨石「王位石」へ!!

一昨日は現場研修をかねて、久しぶりに野崎島へ。

目的は「王位石(おえいし)トレッキングのツアー」に同行させてもらい、
現場の雰囲気を知り、今後のお客様への案内に生かすため。

その中、ガイドがお客様へどんな案内をしているのか、
知識だけでなく、どのような場づくりを心がけているのかなども
学ぶための研修にいってきました。

王位石に登るのは1年ぶり。
去年は自分たちだけでの研修だったのでツアーに同行するのは初めてです。

これが、謎の巨石といわれている「王位石」。
高さ24m、上にのっている大きな岩は8mほどの大きさ。



自然現象なのか、人が作ったものなのか
いまだに謎だらけの王位石と、その岩の下に建立された
沖の神島神社に参拝するトレッキングコースです。


お客様とともに朝7:25発の町営船はまゆうで野崎島へ。
あいにく風が強く海は若干時化ていましたが、
朝日が見えて、天気は良さそうです。



港に到着し、自己紹介や説明をした後に出発。
最初の登りがかなりきついとのこと。
ちょっとドキドキ。

この鳥居が王位石へ登る登山道の入り口。
「金毘羅山」の鳥居。



ここからは右手に海を眺めながらひたすら登ります。



場所によってはかなり細い道もあり
足元も悪く、わかりずらいので
ガイドなしではおそらく迷うと思います。。。
初めての方はガイドツアーに参加したほうがいいですね。



かなりきつい登り道を超えて1時間半ほど歩くと、
いよいよ王位石が近くなってきたようで、周りの雰囲気も変わりました。
やはり神聖な場所に近づいていることを気づかせてくれます。



こんなに大きな岩がまわりにごろごろ。すごい。
しばらく急な下りが続いたところに、ようやく沖の神島神社の階段が!ついた!!



神社の写真は撮り忘れてしまいましたが、
ここから上を見上げると、王位石がそびえたっているのがわかります。



神社に手を合わせた後、いよいよ王位石へ!
両手両足をフルにつかって登り、ようやく到着!片道1時間40分とハイペースで到着できました。

王位石は前方から見るとまっすぐ立っているように見えますが、
実は横から見ると、少し斜めになっているのがわかります。
とにかくどれも石が大きい!



王位石の間からは小値賀島が見えます。






正面から撮影すると光が反射し、とても神々しく映りました。神秘的!



個人的にはこのアングルが好き。かっこいい。



王位石から眼下を眺めると、沖ノ神島神社のグリーンの屋根と
小値賀島が一望できます。とてもいい天気で気持ちがいい!!

野崎島にある沖の神島神社と小値賀島にある地の神島神社は
対になっていて、その真ん中の海底にも鳥居があると言われているようです。



ここは本当に目立つ場所に神社が建てられていて、
遣唐使の時代から王位石を目印にしていたことや
沖の神島神社が昔から航海安全祈願をしていたという
歴史を自分自身の目で見て、肌で感じることができました。

ここまでの道のりはかなりきつかったけど、
この場所に立つと、やっぱり来る価値があるなぁと実感。
とてもいい時間でした。

ここに1時間ほどゆっくり滞在。
帰りは歩くペースも速く帰れたので、お昼過ぎには到着!




途中、展望所に立ち寄るととても綺麗な海が見えました。
「軍艦瀬」という場所。「ゴジラのしっぽ」とも呼ばれています。たしかに似てる!



帰り際、野崎港周辺の集落跡やサバンナに野生の鹿がちらほら。かわいい。





ここは日本じゃないみたい。





トレッキングの後はフリータイム。
お客様を旧野首教会まで案内しました。





天気もよく、青い空と赤い教会のコントラストがとても素敵でした。
お客様も感動!!



こんなに素晴らしい教会が100年以上も前に建てられて
今もこうして残っていることが小値賀町としても貴重な財産に
なっていると思います。

ここからの眺めも気持ちが良かったです。



帰りの町営船の時間に間に合うように
ゆっくりとまた教会から港へ戻るときに
野首海岸が綺麗に見れました。





相変わらず、コバルトブルー?エメラルドグリーンの野崎島の海はとてもきれいでした。
来年の夏はここで思いっきり泳ぎたいなぁ。


あっという間の7時間。
王位石トレッキングは4時間半ほどで、やはり簡単にいける場所では
ないけれど、行く価値のある場所だと再認識できた貴重な研修でした。
このリアルな経験をこれからお客様への案内に反映していけるように頑張ります。

小値賀島、そして野崎島の魅力をこれからも一人でも多くの方に伝え、
守っていく取り組みもしていきたいと思います。

小値賀島に住んでいる方も、野崎島に行ったことがない方や
数十年前に行ったっきり、という方もいらっしゃるので
そういう方々にも「今」の野崎島を見ていただく、感じていただきながら
島の魅力をみんなで守る活動につなげていけたらいいですね。


野崎島、本当におすすめのスポットです。
http://ojikajima.jp/category/nozakijima/nozaki

  


2017年11月03日

島は天然の水族館や~(笑)

今朝は、とっても天気がよく
今日も自転車通勤!

ここ数日はとても天気がよくて、
朝も気持ちがいい~!!



職場のターミナルについて少し時間があったので
波止場を散歩していたら、おっ~と今日は
満潮で、かなり水位が上昇していることもあり、
さらに、波も穏やかなので、海を覗くとお魚が見える!



カメラではなかなかうまく撮れないけれど
肉眼ではガッツリ魚が泳いでいる姿が見えました。
かわいい!!

なんだか、朝から癒される。
こんなにくっきり、水族館にいるような気分になります。
しかも天気がよい日で、潮が満ちている日は
見れるチャンス!いいこと知りました(笑)

朝の楽しみができたので、
これからは仕事の前に少し、波止場から海を覗いてみたいなと思います。


ちなみに、今日のランチは
知り合いの漁師さんからおすそわけをしてもらった
ブリとタイの刺身をいただきました♪
おいしい!!



食べきれなかった分は醤油に浸けて
夜ごはんの漬け丼に!!

朝からお魚を目で見ながら、食で楽しめた
島暮らしっぽい、幸せな1日でした☆
  


Posted by みのりん at 18:31Comments(0)おぢかの豊かな自然のこと

2017年10月28日

それでも明日はやってくる。

いい天気。
久しぶりに自転車通勤。

運動不足だったからだにムチを打って出勤。

やっぱり自転車は気持ちがいい~

そして車では気づかない島の自然の魅力に気づくこともある。

今日の小値賀島、朝は空がとっても綺麗。
羊雲。まさに、秋の空。



気持ちがいい!!

仕事の前にこの景色を見ているだけで心がいやされる。

そして足元を見てみると、綺麗な海の色がよくわかる。
波止場でもこれだけ澄んだ海の色を感じられる贅沢。




静岡では感じられなかったこと。
小値賀でしか感じられないこともたくさんある。

空の広さ、海の青さ、そしてそれを日常で感じられる贅沢。


今までなかったものに触れると魅力的に感じる。
あったものがないとさみしく感じる。求めてしまう。

いつも見ていた日本一の富士山はやっぱり恋しい(笑)


来月末に実家に帰るまで、あと一カ月。
島暮らしを楽しもう。
あと一カ月、頑張ろう、私。
  


Posted by みのりん at 19:19Comments(0)おぢかの豊かな自然のこと

2017年10月14日

綺麗な朝日を見てパワーチャージ!

連休だったので、島を出ました。

早朝の高速船に乗る為、7:00前に港に行くと
今日も朝日がとっても綺麗に見えていました。



穏やかな海。
オレンジ色の温かい朝日。
癒されます。

しかも、前にも早番で早朝行ったときにいた
おじさんがまた朝日の写真を撮りに来ていて、
そのシルエットがまたいい雰囲気でした。

高速船乗り場からも朝日が綺麗に見えます。



船が入ってくる姿もなんだか画になる。
かっこいい。高速船シークイーン。




なんだか朝から素敵な風景が見れて
嬉しくなりました。


いってきます。
  


Posted by みのりん at 08:00Comments(0)おぢかの豊かな自然のこと

2017年10月03日

島暮らしでの早起きは三文の徳!?

先日、仕事の早番で6:30出勤だったときに
職場のフェリーターミナルに向かうと、
とっても綺麗な日の出を見ることができました。


穏やかな海。オレンジ色の温かい光が差し込む港。
素敵な光景に朝から心が癒されました。



すでに地元のおじさまが写真を撮りに来ていて、
そのおじさんのシルエットもいい感じの雰囲気を醸し出していたのでパチリ。




朝早いのはつらいけど、こういう風景が見られると
なんだか得した気分になりますね。
今日も一日がんばろうって思える朝でした。


そんな日は、実家の母親から手作りの「おはぎ」が
届きました。

お彼岸にちなんで沢山作って、東京にいる弟のところと、
私のところにクール便で送ってくれました。ありがとう!
ほんと、母親は優しい。




甘さ控えめの小豆あんも手作り。
料理上手の母のおはぎを食べるとほっこりします。
これぞ、母の味。おいしいなぁ。

たくさんいただいたので、ご近所さんにもおすそわけ。
お母さんありがとう!!


そんな嬉しい日の夜は
ご近所の漁師さんからヒラスの刺身をいただきました。
いつもありがとうございます!




朝獲れたての新鮮、ぷりっぷりのヒラス。
とっても美味しかったです。!ごちそうさまでした。


おすそわけ文化が今でも根付いている小値賀島。
日々感謝の毎日です。
  


Posted by みのりん at 08:00Comments(0)おぢかの豊かな自然のこと

2017年09月10日

久しぶりの猪の解体!!@おぢか島

先日は、島の猟師さんが猪が獲れたということで、連絡をもらい、
猪の解体作業のお手伝いに行きました。

私が休みの日なら、解体を手伝えるという話をしたら
それに合わせて前日に仕掛けたら獲れるかも!ということで
本番用のわなを設置。

翌日、見回りにいくと、ウリボウが2頭!!
見事!!捕獲!!さすが師匠!!

メスとオスのウリボウ。ちなみに大きい方がメスでした。



午後イチから、友達も誘って解体作業のお手伝いに行きました。
小値賀島に移住して2回目の解体のお手伝いです。


まずは、猪の頭をはずし、内臓を取り出して、海水で綺麗に洗う作業。
島ならでは、海辺での作業が始まりました。




猪の身体を綺麗に海水で洗った後、ナイフでお腹を開いて
内臓を出します。
大事な心臓は取り出して、綺麗に洗って持ち帰りました。

大切な命だからこそ。自然の恵みに感謝して、命を「大事にいただきます」




内臓を取り出す作業が一番難しい・・・
特に食道から肛門までの臓器がつながっているので
そこをうまく取り出す作業は、ナイフの当て方などコツも必要で
猪の解体はほとんどしたことがない私はまだ自信がないです・・・。


今回は先輩方が手慣れた手つきで内臓を取り出してくれました。
ここまで来ると、ワイルドな猪感はなく、もうお肉です。大きなお肉の塊に。




その後、場所を日陰があるところに移動してみんなで手分けして
2頭の猪のウリボウを解体。




まずは大事な皮はぎ。
猪は皮と肉の間に脂が多くついているので、それを肉に
残しながら皮はぎをするのがお肉を美味しく食べるためにも、
大事な作業になります。




私も静岡で仕事をしていたときに鹿の解体で使っていた
皮はぎ用のナイフを持参して参戦。
あのときの感覚を思い出しながら、手を動かします。

皮をはいだ後は、部位ごとに小分けにする精肉の作業。

前足、肩、背中のロース、後ろ足の太もも、おしりなど
部位ごとに精肉すると、それぞれの部位で脂のつき方や
筋肉の付き方が違うのがよくわかる。
骨の形や関節の形などもわかる。



↑これは、前足を骨抜きして、部位ごとにわけているところ。

これがおもしろい。
鹿も大きさは違えど、猪も基本的な構造は同じ。きっと人間も。

なるほど、ここに内ロースがついているんだ、
ふくろはぎはこのあたりなんだということが
自分の手を動かしていくと、よくわかる。
人間もこんな感じなんだろうな~と思うとおもしろい。


途中、ちょうど地元の小学生たちが農業体験で
脱穀作業に来ていて、それが終わってから興味深々に
近づいてきました。


「これ何?」「猪?初めて見た!」
「このお肉どうするの?」「食べれるの?誰が食べるの?」
「猪はどこから来たの?」
など、子どもたちは見たまま、感じたままを
話すので面白い。

私なりに感じていること「命の大事さ」
をちょこっと話をさせてもらいました。

最後には、「猪の頭はどこ?」と聞かれて
別の場所にあるというと、みんな「みたい!」って(笑)
島の子どもたちは何にでも興味あるみたい。

猪の頭を入れた袋を見た子どもたちの
「ぎゃー!」「すごーい!」という声が
あたりに響いていました。

これぞ、食育?!


いつか、島で捕獲した猪をきちんと命をいただくということで
学校給食のメニューにのる日が来るといいなぁと
個人的には思っています。


ちなみに、解体して精肉した猪のお肉は
みんなで分けて、家に持って帰った後
近くの海岸の海水で洗って少しの間漬けておき、
血抜き。




そのあと、水分をふいてから冷蔵庫で36時間ほど
熟成し、冷凍庫へ。こうすると臭みもなく、旨みのアップした
猪肉になるとのこと。

私もこの作業をして、今は冷凍庫に猪がいっぱいです!!
猪肉好きなお友達にもおすそわけしました。


今度の休みの日は、猪肉で何を作ろうかな~♪
猪のお肉が好きな人には食べてもらいたいなと思って
いろいろな料理にチャレンジしてみます。

ワクワク!!
  


Posted by みのりん at 21:11Comments(0)おぢかの豊かな自然のこと

2017年09月02日

お天気も最高!!絶景の野崎島!!

母親たちは今回の2泊3日の滞在中に、小値賀本島から
町営船で30分ほどで到着する、お隣の島「野崎島」へ行ってきました。

2年前に初めて小値賀を訪れたときに野崎島に行った母は今回で2回目!
記憶を頼りにみなさんをご案内してくれました。

そこで撮影した写真を送ってもらったのでご紹介です(^^)!

朝は悪天候で心配をしていましたが、
昼前から天気が一気に回復し、とっても良い晴天になったそうです!


おかげさまで「旧野首教会」も青空に映えて見えたようです。



五島列島のサバンナといわれている段々畑。



野生の鹿もたくさん見られたそうです。



歩いていくうちに、綺麗なコバルトブルーの海が見えてきた!



上から眺めてもきれいな色の海!!



ここが、野崎島唯一の広い海岸「野首海岸」です。
夏は海水浴場としても観光客に人気の綺麗な砂浜のある海岸。



最高の天気で、母親たちも大満足だったようでなによりです。
さすが、野崎島!!ありがとう!

★野崎島★
http://ojikajima.jp/category/nozakijima/nozaki


小値賀島から町営船で30分ほどの場所にある「ほぼ無人島の野崎島」に
渡航できてよかった!とみなさん笑顔で帰って行きました。
来年は世界遺産候補!?ということでのんびり楽しむには
この1年がおすすめかもしれません。

私も今度はプライベートでゆっくり行きたいな~
  


Posted by みのりん at 20:00Comments(0)おぢかの豊かな自然のこと

2017年06月16日

休日は海でリフレッシュ!!

久しぶりに休日に友達と柿の浜海水浴場で青空ランチ。


とっても天気が良かったので、、
たまには外で食べたいよね~ということで
お弁当を買って、小値賀で人気の海水浴場へ集合!!



今日のランチは、
「すずらん」のチキン南蛮弁当です。
ボリューム満点で美味しそう!!しかもこれで500円!!安い!




なにより、海を見ながら食べるお弁当は
何倍にも美味しく感じるんだよなぁ~。
それを感じたお昼ごはん。




幸せ~

ちょうど12時頃に来たときは満潮で
白浜が見えなかったけれど、
ごはんを食べながら話をしているうちに
だんだん綺麗な白浜が見えてきました。




地元のお兄さんたちが
「SUP」で遊ぶ様子も見れてなんだか
海遊びっていいなぁと思いながら
お友達とおしゃべり。



SUPも楽しそう!
風がなかったので、SUPをするにはちょうどよいシチュエーションです。
二人乗りのSUPもありました。



平和だなぁ~

なんにもしないこういう時間が贅沢に感じる
島の休日。


いろんなところに行くのもいいけれど
こんな素敵な場所が近くにあったら
のんびり、海を見ながらおしゃべりするのも
幸せな時間ですね。


青い空、青い海、そして白い砂浜。
最高のシチュエーションです!(^^)!




お昼ごはんを食べつつ、話を始めてからあっという間に3時間半!?
女子トークはつきません(笑)
いい時間でした~


またお休みの日はここでのんびり過ごしたいなと思います。
お金で買えない価値がある。


それが小値賀島の暮らし。
なによりの贅沢がここにあります。


ちなみに、夕飯は手作りのピザで乾杯!!




粉から準備して、ホームベーカリーで発酵させて、
ピザソースもトマトや玉ねぎから作りました。
ズッキーニとナス、猪のベーコン、チーズをのせて完成!!

もっちもちの生地で美味しいピザが焼けました。
その他、人参のラペサラダや、猪のベーコン入りの
ポテトサラダ、味付け卵も作りました。

美味しくできた~!(^^)!
いつもは発砲酒だけど、こういう日はちょっといいビールでぷち贅沢を。
今回はエビスとプレモル♪

充実した休日、時間があると料理もいろいろ作れて
幸せです!

ごちそうさまでした。  


2017年06月06日

おぢか島も梅雨入り!!

ここ数日、おぢか島のあちらこちらでアジサイが
咲き始めた様子を目にすることが多くなりました。




島も1週間以上ぶりに小雨が降りはじめ、
明日は久しぶりに大荒れの天気のようです。


アジサイが咲いている姿を見ると
いよいよ梅雨入りかな?と思えます。
自然が季節の変わり目を教えてくれる。それに気づける幸せ。




昨年もアジサイを家に飾ってから早一年。
桜もそうですが、アジサイを見ると、一年の早さを実感しますね。
あっという間に過ぎていく毎日を
一日一日、大事に過ごしていきたいものです。


島では、まだつつじも綺麗に見えるところもちらほら。
このつつじもアジサイも、図書館の入り口に咲いています。綺麗ですよ~




明日は、大荒れですが、恵みの雨。
農作物にとっては嬉しい雨ですね。

島の農家さんも久しぶりの雨で笑顔になっていることでしょう。


6月は梅雨入りになるので、天気が安定しない感じですが、
ザーッと降ったらまたカラッと晴れてくれることを願います☆
  


Posted by みのりん at 23:00Comments(0)おぢかの豊かな自然のこと

2017年05月24日

今年の誕生日プレゼントは、釣り竿でした☆

昨日の夜は、飲み仲間が3週間遅れの(笑)
誕生日会を開いてくれました!!


お互いに忙しくてなかなか日程も取れず
ようやく飲み会ができました。


こちらは豪華な刺身盛り!
小値賀のシビ(クロマグロの子ども)や、イサキ、
ヤズの3種類。




ミズイカの生き造り。
まだ生きたままのイカをさばいて
刺身盛りを作ってくれました。




オードブルは地元の居酒屋さんに注文してくれたようです。




その他、イカの串焼きや焼き鳥、枝豆も加わり
豪華な誕生日会となりました。
乾杯!!




小値賀の魚、刺身はやっぱり美味しい!!

シビは2日間寝かせて3日目ということで
ねっとりとした食感と脂がまわって甘みも増して
美味しい。


ヤズやイサキは新鮮なうちにぷりぷりっとした
食感が美味しい。


ミズイカは、一日寝かせたほうが甘みが出るとのこと。
ヤリイカはその日のうちに食べたほうがプリプリで
新鮮で美味しいということでイカによっても
食べ方が違うんだということも学びました。


さらに、今回は誕生日ということで
みんなでプレゼントを選んでくれました。

なんと!!
今年のプレゼントは、「釣り竿」!!
エギ付き!!




嬉しい~!

今年は釣りにチャレンジしたいと思っていたので
いつかはMY釣り竿がほしいな~と考えていたら
まさか、プレゼントしてくれるなんて。
ありがたいです。




しかもかっこいいパープル色。おしゃれです。


今年は、仕事帰りに近所の波止場で
釣りに行って、釣った魚をさばいて夕飯に食べる!
ことを目標に島暮らしを楽しみたいと思います。


みなさん、本当にありがとうございました!!
今度は私が釣った魚で飲み会しましょ~