2018年12月01日

大島の冬仕事のお手伝いへ!

昨日はお休みだったので、小値賀本島から町営船で10分のところにある
「大島」の知り合いの民家さんの家に遊びに行ってきました。

といっても、ちゃんと島暮らしには欠かせない、冬仕事のお手伝いに!!

まずは、アジのみりん干し作り。



事前に島のお母さんが自分で釣ったアジを
開いて調味液につけた後、冷蔵庫で水けをきった状態のものに
自家製のごまをふります。



ちゃんとお母さんが昨年育てて大事に使っている
自家製ごまです。これをまんべんなくふりかけて網で乾かします。
このごまがかかっているだけで、みりん干しが何倍もおいしくなる!
しかも、そのごまも貴重な手作りのごまで、香ばしさが市販のごまとは
比べ物にならないくらいなんです。



おいしそうなみりん干しの準備ができたところで、干す作業に。

冬は冷たい風が吹く日が多いので、
干しものにはぴったりの時期。
大島だけでなく、おぢか本島のあちらこちらでも
アジのみりん干しや塩干しなど網で干してあります。



島のお母さんにどうしてそんなにたくさん作るのか聞いてみると、
年末に子供や親せきに、かんころもちや野菜と一緒に送るための
お土産にするのだそう。
できるだけ手作りのものを贈りたいとのことです。

お金をかけなくても手間と時間をかけたら
美味しい手土産ができる。
島の贈り物文化は本当にすごい。

宅急便屋さんもきっと島の贈り物文化の恩恵で成り立っているんじゃないかって
思えるくらい、年末は郵便局や宅急便屋さんが大忙し。
これぞ島暮らし。こういうところが魅力的なんですよね。
買えば済むものでも、自分で作る。それを楽しみにしている人たちのために。
喜んでもらえることが嬉しくて。その想いが素敵です。


みりん干しのお手伝いが終わった後は、
自家菜園の畑で大根を掘るお手伝い。
掘ってから切り干し大根を作るそうです。
今回は、干す作業までお手伝いすることになりました。


お母さんたちは夫婦二人暮らしでこの規模!立派な畑には
大根、白菜、ホウレンソウ、にんにく、玉ねぎなどが綺麗に植えられています。
自給自足の生活。




土から頭を出している大きい大根から抜くことに。
私も久しぶりの大根堀り、頑張りました~




りっぱな大根!見た目も美しい。おいしそう!



20本以上抜いて、葉を落とし、葉っぱで土を落とし
家に持って帰ります。畑でここまで作業をしておくと
あとが楽になります。



家に持って帰って、外の水道で
たわしを使って水で洗うとこんなに美しい大根が!



これを一本一本丁寧にピーラーで向いていきます。



その後は、適当な大きさにカットして
切り目を入れてからスライサーで薄く切ります。



ここからは私の出番!お母さんがお昼の準備をしている間、
25本近くの大根をひたすら薄く切りました。



意外と地味に疲れた薄切り、たくさんできました!
お母さんも助かったと喜んでくれて嬉しかったです。

そしてお楽しみの休憩タイム、お昼ごはん。
私が差し入れした、ヤイトガツオの刺身。
お母さんがあぶってくれました。おいしかった~!

今までは、皮をすいて刺身にしていたけど
皮付きの炙りはおいしい!今度やってみよう。勉強になりました。



そして、こちらは釜揚げしらすとにんじんとまいたけの炊き込みご飯、
これ、絶品でした!!
作り方を教えてもらったので今度作ってみます。
ポイントは、すりおろした人参を入れること!あとはだし、塩、薄口しょうゆ、少しの砂糖で味付け。
全て目分量です。



ナスのかば焼き風もめっちゃおいしかったです。
これは白いごはんが何杯でもいけちゃうやつです。
レシピ教えてもらいました~!!これも作ってみよう!



美味しいものを食べるときって本当に幸せ。
自然に笑顔が出てくる。

料理のことで知らないことを知るのも楽しい。
素材を生かした料理の幅をいろいろと広げていきたいな。


お昼ごはんの後に、いよいよ大根を干していきます。



大量の大根を網の上にできるだけ重ならないように並べます。



この干す場所、台も自分たちの手作りとのこと。



このような干し台も島のあちらこちらにあります。
必要なものは自分で作る。これが島暮らし。

冬の冷たい風にあたり、おいしい切り干し大根ができますように・・・


夕方の船で帰る前、魚釣りに連れて行ってくれました。
サビキでアジ釣りをしたかったのですが
結局、昨日はアジは一匹も釣れず・・・

その代わりに、クロ2匹とバリ1匹ゲット!



バリはやせていたので食べませんでしたが、
クロはお母さんが家の前で捌いてくれました。
見事な魚裁きでかっこよかった~



魚をさばいていると、近くの野良猫が集まってきます。
島には野良猫もたくさんいるんですよね。島には多い猫。



捌いて捨ててしまう内臓などを狙って待っていました。
食べるために猫も必死です。


大島から帰るときに、もう一軒の知り合いの民家さんの家に行くと、
ヒラスとカツオの刺身、手作りのおかずもいただきました。
ありがたい!

いろいろいただいたので急遽
先日、自分で作った〆サバ、〆カマス、〆イワシとともに
友達を呼んで家飲み会をしました☆

今日の料理は全ていただいものです。0円飲み会!
おかずは、手作りの卵コロッケやかき揚げ、
なます、ほうれん草の白和え、ごま豆腐など。
料理上手なお母さんでどれもおいしかった!



自分で作った〆魚シリーズはほとんど炙りにしました。
ヤイトガツオとヒラスも刺身として皿に盛ると、超豪華!

いただきものの魚に手を加えれば家飲みでも十分楽しめます。



さらに、今回は大好きな握り寿司も作ってみました。
寿司のネタも寿司用に切って、飲み会後半で握り寿司作りにチャレンジ!



初めての握り寿司ということで、
まぁ、見た目はまだまだ不格好だったけど
味はなかなかおいしかった~!

寿司好きの友人たちなので、みんな大満足!



家飲みで、しかも寿司も自分で握って食べられる幸せ。
またお魚が手に入ったら、寿司飲み会したいな。


大島のお母さんたちのおかげで
久しぶりに充実した休日を過ごすことができました☆
感謝です。

こういう島暮らしを体験できる時間が
一番自分らしく生き生きと素の自分でいられるんですよね。

普段は忙しくて心の余裕がない時間ばかりを
過ごしているけれど、やっぱりそれだけではだめ。

忙しさを理由にやらないのではなく、
どうしたらその時間が取れるか考えて行動すれば
必ず時間は作れる。

自分がワクワクする時間をちゃんと
自分で作ることが大事だと感じました。

またこんな休日を過ごせるように計画していきます。

  


2018年11月29日

気持ちが良い朝日で1日が始まる島暮らしの朝。

久しぶりに天気が良い島の一日が始まる。
自転車で通勤するときに、この景色を見れると
とっても気分がいい!



冬の朝は空気も澄んでいて気持ちがいい!
日々、モヤモヤすることが多くても
自然の中にいると、癒されるからまた頑張れる。

そして、景色だけでなく、島暮らしは「食」も充実していると
頑張れる。おいしいものを食べればまた元気になる。

食べることって大事だなぁとつくづく感じる今日この頃。


おとといの夜も知り合いの釣り人からカマスをもらったので
〆カマスと〆カマスの炙りを作って、友達と飲み会。

カマスはまだ小値賀で釣れるそうですよ~
いただいたのは黒カマス。

家に持って帰って、頭と内臓を綺麗にして
三枚おろしに。
そして一部は初めて、〆カマスにしました。
☆最近、酢〆に凝ってます笑


写真の手前の一列が〆カマスの炙り。
真ん中と奥にあるのが生のカマスの炙り。



カマスは少し生臭みがあるので、
島の人は塩干や塩焼きにするようですが
私はせっかく新鮮なうちにいただいたので
刺身で食べたくて、おいしく楽しめる炙りでいただきます。

あぶることで、カマスの皮と身の間の脂のうまみと
香ばしい香りが食欲をそそり、とってもおいしくいただけるんです。


友達も知り合いのお兄さんにヤイトガツオをいただいたとのことで
カツオの刺身も加わりました。
1週間寝かせたカツオ。脂がのっていてめちゃくちゃおいしい!
マグロのトロみたいな口あたり。幸せ~




他にも奥様の手料理とラディッシュの甘酢漬けは差し入れ。




初めて食べるアマダイの酒蒸し。
これがとってもおいしくてびっくり!
ふわっとした身が口の中でとろける~♪
キッチンペーパーにのせて蒸しているので
うまみもスープに残っていて本当に絶品!




これはぜひ次回マネしたい料理になりました。
アマダイが手に入ったら作ってみよう!
高級魚なのでなかなか手に入らなそうですが。。。


ちなみに翌日は、ミズイカとカマスをいただき、
炙りカマスの刺身にして食べました!もちろん、おいしかったです。




旬の魚を旬の時期に食べられる幸せを
かみしめながらほぼ毎日魚生活しています。

魚好きにはたまらない島暮らし。

買わなくてもいただいたものを自分で
丁寧に手をかければおいしい料理が楽しめる島暮らし。

大事に生きていきます。


  


2018年11月24日

今が旬!寝かせてうまい魚!

先日、ご近所さんのお宅に飲みに行きました!
ヤイトガツオが手に入って、しかも1週間寝かせてあるとのこと。

さすがに1週間寝かせたカツオは食べるのが初めて。
食べたことがある友人に聞くと、まるでマグロのトロのような
脂身があり、寝かせないカツオとは全く違うもの!うまい!
という話だったので楽しみにしていました!



うわぁ~!美しすぎる!!

これがカツオ!?
脂身も綺麗にのっていてすごい!

これを寿司にしたらどんなに美味しいんだろう~!



こちらは炙り。バーナーで表面を炙ると
また香ばしい香りが漂って美味しい!
おろしポン酢ともあう。



一口ひとくちを大事に味わいながら、
焼酎にあわせていただきました。
おいしい~♪
幸せ~♪

私も当日にサバをいただいたので
急きょ、〆サバを作って、炙ってみました。
なかなか良い出来かなぁ~と思ったけど、
少し酢に漬ける時間が足りないかも?と
アドバイスをいただきました。



こうやって自分で作って食べてもらって
アドバイスを生かしながら、また美味しい物を作る!

やっぱり料理って楽しい。

島暮らしは自分でいろんなことにチャレンジできるのも
おもしろい。

興味があることにはどんどん取り組んで
いろんな経験をつんで、これから先、
豊かな人生を歩みたいな~と思っています☆

手料理。
手しごと。
快適な家づくり。

これからの島暮らしのテーマです。
  


2018年11月17日

カツオを自分でさばく!!

知り合いの漁師さんからカツオをもらった日の夜、
また別の漁師さんからカツオやシビ、とへ(クロアナゴ〉の刺身盛りを差し入れでいただきました!
※写真の右側は、自分で作ったしめ鯖の刺身。



とっても豪華!しかも、すでにお酒を飲んでしまったので取りに行けないことを伝えると、わざわざ家まで届けてくれたんです。

ほんと、やさしい人たち。
ありがたいです。

さすが、漁師さんがさばいただけあって、
血抜きもしっかりされていて、臭みもまったくなくて、どれもおいしい!!

とへ(くろあなご)の湯引きは、島内でもなかなか手に入らない貴重なもの。
手作りの酢ぬたとの相性もばっちり!
美味しかった~

いただきものの刺身盛りは、日本酒とともにしっぽり。
幸せな家飲み。


翌日の夜は丸ごと一匹いただいたカツオをさばきました!ヤイトガツオという魚です。

いただいた後に、一日寝かせてから、三枚卸に。

今回も頭と内蔵はとってくれているので
それだけでもありがたいです。
キッチンペーパーをお腹にいれて、お腹を上にした状態で冷蔵庫で寝かせます。

今回のヤイトガツオも丸々としておいしそう!



今回ヤイトガツオをさばくのは2回目。

カツオを捌いてみてわかったのが。そのうろこの硬さ。

特に背中のところがめちゃくちゃ固くて、なかなか包丁を入れてもうまく切れずにかなり苦戦しました。

魚のうろこってこんなに硬いんだぁと、魚によってうろこの大きさや固さの違いを肌で感じる島暮らしです。魚さばきは奥が深い!



まだ2回目ということもあって、なれない手つきでなんとか3枚卸に。
ふぅ、まだまだ勉強中です。

三枚おろしにした身の部分の骨を切って血合いをとって。4本のさくの状態にしました。



魚が大きいので、三枚おろしにするのも一苦労。
この状態で、キッチンペーパーに包んでラップに包み、
ジップロックに入れて寝かせます。

3日ほどでも寝かせると脂が身にまわり、
とろけるような美味しさの刺身になるんですよね。

新鮮ですぐに食べたほうがプリプリでおいしい、イサキのような魚と、こうやって寝かせたほうがうまみが出ておいしいマグロやカツオのような魚がいることも、日々の島暮らしの中で、自分でもやっている魚をさばくことを通して学んだことです。

しかも自分で実際にさばいて食べることを通して
、魚の美味しさの違い、味の変化を自分で実感できることはすごく面白い。


やっぱり食べることって楽しい!
作ることって楽しい!
美味しいものは人を笑顔にしてくれるし、元気にしてくれる!

これからもできるだけ食べ物は自分の手で作り、おいしく味わえるような工夫をしながら、島での食生活を楽しみたいと思います。

とりあえず、たくさんあったカツオの半分は冷凍しました。今度は友達よんでお魚パーティーかな~

家飲み、大好き!!
  


Posted by みのりん at 18:16Comments(0)島暮らしのいろいろ

2018年11月13日

今年初!島でとれたイワシで乾杯!

ご近所の漁師さんから「イワシ」をたくさんいただきました!
ちょうど大敷網にかかって、頭がとれたり、傷ついたりして
商品にならないいわしがたくさんとれたとのことで、
おすそわけしてくれました。



裁き方もその場で教えてもらい、はじめてイワシをさばいてみました。
包丁を使わずに、手でさばく方法。


頭をとってそのままお腹まで指を入れて内臓を取り出し、
腹をひらいて、中骨を手で取り、皮と身の間に指を入れて
皮を少しずつはぐと、イワシの下ごしらえが終了。


初めて、自分でいわしの刺身を作ってみました。
なかなかいい感じにできたんじゃないかな~



シメサバは、先日作って冷凍しておいたものを
解凍し、炙りしめさばにしました。



イワシと〆サバの刺身をもってご近所さんのお宅へ。
久しぶりに家飲み会です。


おでん風の鍋は、島のお母さんが作ってくれました。
一人暮らしだとおでんはほとんどしないし、
この時期のおでんはおいしい。嬉しい。



やきそばもおいしかった!
具沢山!ボリューム満点!



友達と3人で急遽当日行くことが決まったのに
快く迎え入れてくれたお母さん、お父さんに感謝です。

久しぶりに飲みに行ったけど
実家のようにくつろいで楽しく飲めました。
ありがとうございました。

また、ここでエネルギーチャージできたので
頑張ります!

ごちそうさまでした~  


2018年11月04日

家飲み万歳!焼き鳥&刺身パーティ♪

昨日は久しぶりに友人夫婦の家で、BBQ飲み会を開催!

BBQといっても、メインディッシュは、焼き鳥!そして、刺身!
炭も1kg1000円の高級な炭をたまたま知人からいただいたので
それなら!ということで焼き鳥にしてみました。

事前にスーパーでお肉を数種類注文して、串打ちはもちろん自分達で!

ねぎま、豚バラ、ささみ、レバー、砂ずり、皮、味噌豚、野菜巻き、厚揚げなど。



まるで居酒屋みたい!上手にさせたね~
豪華な焼き鳥の串が準備できたところで、まずはビールで乾杯!

友人が焼き鳥居酒屋でバイトしたことがあるということで、今回も焼き担当をおまかせ!



手慣れた手つきで、焼く前に串に酒を振り、塩をふってから焼き台の上で、
焼き加減を見ながら丁寧に焼いてくれます。

これが、めちゃくちゃ美味しい!絶妙な焼き加減はさすが経験しただけある!


写真は撮らなかったけど、北海道の姉から送ってもらった、
富良野のじゃがいもと玉ねぎの丸ごとホイル焼きは、とっても甘くて美味しい!とみんなも絶賛!


その他、前日いただいて4日ほど寝かせておいたヤイトを差し入れに持っていき、刺身にしました。



ヤイトはヤイトガツオという種類で、
地元の漁師さんからはマグロのようにうまい!といわれるくらい、
マグロのような食感と甘みが特徴。

しかも数日、冷蔵庫で寝かすと脂がさらにまわっておいしいんです。


今回の刺身も美味しそう~!
脂がのってるのがわかる!醤油につけると
脂が浮いているのがわかるくらい。うまい!


その他のおかずは、猪の生姜煮と、ニンジンのラペを差し入れ。
友人は春菊のごま和えを作ってくれました。彩が綺麗。



少しずつ焼きながら食べる焼き鳥の楽しみ方、
好きだなぁ~。

そして、BBQの後半戦にはお楽しみの握り寿司が登場!やったぁ~



寿司も握れる友人、すごすぎる!
今回のネタはもちろん、ヤイト!

脂がのったヤイトと酢飯がバッチリの相性で、とっても美味しかったです!
前に食べたのより、かなり上達している!

ありがと!!
ごちそうさまでした!

やっぱり家飲みはいいなぁ~
気兼ねなく飲めるし、安くて美味しいものが食べられるのも最高!
今回もお酒持ち込み以外は、会費500円と激安!!笑

お肉以外の魚や野菜はほとんどいただきもの。
ありがたい島暮らし。

楽しくて飲むペースが早すぎて、いつの間にかうとうとしながら寝てしまったのが、心残りだけど。笑

また近々こういう形で飲みたいなぁ~と思った楽しい夜でした!

家飲み、バンザイ\(^o^)/

  


2018年11月03日

一日の始まりは素敵な朝日から。

今日は、6時半出勤の早番。

ただ、眠い目をこすって職場へいく前に
家の近くの波止場で、とっても綺麗な朝焼けを
見ることができて、気分もウキウキ!

そして朝は空気が凛と澄んでいて気持ちがいい~

思いっきり息を吸い込んではくと、
体中に澄んだ空気が流れて、体が喜ぶ感じがわかる。


波止場の奥に見えるのが、野崎島。
幻想的な風景に思わずパチリ。



夜から朝に変わるこの朝焼けのグラデーションがとても素敵で
朝から癒されました。

こういう景色がみられるのは島で早起きした人の特権だなぁと
この朝焼けを見るときに感じる島暮らし。


ここ最近はすっかり秋~冬になり、
朝もまだ暗く、今日の日の出は6:38でした。

ちなみに、日の入りは17:30頃です。

朝早くから島では釣り人がすでにカマス釣りをしています。
みんな、たくさん釣れたら、一夜干しにしたり、塩焼きにしたり、
中には〆カマスを作る人まで。

島では秋から冬にかけては保存食作りが盛んになります。
カマスの時期も、もう少しかな。

アジは年中釣れます。


今夜は友達とバーベキューをするので、
先日、知り合いの漁師さんからいただいたヤイトガツオを差し入れに持っていく予定!
(定置網にかかった魚をいただいたそうで、私もそれをいただきました)



まな板からはみ出るくらいの大きなヤイトガツオにびっくり!
しかも肉厚!分厚さからして、かなり脂がのっている様子で見るからにおいしそう。




ありがたいことに、すでに頭と内臓はとってくれていたので、
自分で三枚おろしにして、刺身にしてもっていくことに。


刺身の出来栄えはお楽しみに~!!

  


2018年11月02日

島の魚を家族にふるまう夕ご飯。

先月半ば、突然の祖母の訃報が入り、急遽、実家の静岡に帰省。

翌日の早朝7:00過ぎの高速船で出発しても
実家につくのは約10時間後。
やっぱり小値賀から静岡は遠い・・・と実感。

ようやく実家についたのが18:00過ぎ。
疲れていたけれど、ちょうど実家に帰る前の日に
知り合いのおじさまから「ヒラス」をいただいたので、
せっかくなら!と3枚卸しにして、保冷剤をたくさん入れて
静岡まで持って帰ったので、それを刺身にしてみました。


以前に一度、刺身を作ったことがあるけどそれは冷凍だったので
今回は、生の魚の刺身!ということで、気合を入れて
両親に刺身盛りをプレゼント!

大葉がなかったので、水菜で代用しつつ、なんとか完成!!



おっ!なかなかうまくできたんじゃない?!と、自画自賛!笑

両親も初めて娘が島から持ってきた魚で刺身を作ったということで
驚きと喜びで、ほめてくれました。
嬉しいな~!

私は母の煮物をリクエスト。
質素な料理かもしれないけど、大好きな母の味。
ここに、刺身が1皿あるだけで、豪華に見える!!



久しぶりに3人で乾杯!!

やっぱり島の魚はおいしいね~とパクパク食べる父。
そんな姿を見て、親に喜んでもらえることができたことが
嬉しく思いました。

島に移住してから、何匹もの魚をいただいて
自分で見様見真似で裁くようになった経験もあり、
今では自分で魚がさばけるようになってよかったなぁと思います。


翌日は、北海道から姉が帰ってきたので、夜は焼き肉をすることに。
さらに、ヒラスの残りの片側のさくが残っていたので
また刺身にして、こんな感じで2皿作りました。



ヒラスは寝かせてもおいしい魚なので
脂がまわってとってもおいしい刺身でした。

姉は北海道でも内地に住んでいるので新鮮な魚は
なかなか食べられないということで、おいしい!
とバクバク食べてくれて嬉しかったです。

久しぶりに家族4人で乾杯!



積もる話もいろいろあってとっても楽しい飲み会になりました。

久しぶりの帰省は家族や親せきと
いろんな話をして充実した時間を過ごすことができたことに感謝です。

こうやって家族を集めてくれた祖母は数え年で101歳でした。
大往生の祖母でした。
最期はとても安らかで素敵な顔をしていました。

天国で、おじいちゃんと見守っていてね。


今まで本当にありがとう!!
  


2018年11月01日

高級魚のアラ鍋パーティー♪

先日、知り合いのおじさまが、アラを釣った!との情報が入りました。

小ぶりのアラだったので出荷せず、急遽友人を誘って
アラ鍋飲み会になりました。

もちろん大好きな家飲みで!

友人が刺身盛りを作ってくれました。
クロ、アジ、ミズイカの刺身です。



やっぱり寒くなると魚にも脂がのっておいしいんですよね。
クロもアジも新鮮でぷりっぷり!

ミズイカも甘みがあっておいしい~!!

私は、カブの浅漬けと、ポテトサラダを
差し入れに作って持って行きました。




メインディッシュのアラ鍋は、きちんと、アラの頭で出汁をとったスープで
たっぷりの野菜とともに、アラの切り身を入れていただきました。



アラに興奮しすぎて、鍋に入れる前の写真を
撮り忘れちゃいましたが、たくさんアラの切り身も用意してくれていました。

ふわぁ~!!
やっぱりアラはおいしい~♪
いいお出汁が効いてて最高!!

さすが!
魚の王様、アラ=クエは冬の魚の中でもかなりの高級魚!

鍋にしたら出汁も出ておいしいんですよね。
小値賀にいてもめったに食べられないので貴重な
お魚をいただけて嬉しいです。

もちろん、アラは刺身でもおいしいお魚。
寒くなってきたので、鍋は嬉しいですね~
もちろん、〆は雑炊で!
しかも、生米から作るやり方を教えてもらい、
最高においしい〆をいただけました!


これから、ますます鍋が恋しくなる季節。
そして、ますますお魚に脂がのっておいしくなる季節です。

今年はいろんな魚で鍋を楽しみたいなぁと思います。
ごちそうさまでした!


  


Posted by みのりん at 18:10Comments(0)☆小値賀の旬の魚料理

2018年10月28日

お魚天国!お魚飲み会!バンザイ!

先日は、仕事の関係でしばらく島を離れる友達の
壮行会をしよう!ということで、急きょ友人を呼んで、
家飲み会をしました!



それぞれが料理を持ち寄り、
全て手作りの料理がずら~っと並んだ食卓。

机に乗りきらない位の料理が完成!
すご~い!


私も2日前位に漁師さんから真サバをいただいたので、
〆サバをつくり、半分炙ってみました!
脂がのっていてとっても美味しくできた!!



その他、アジノ南蛮漬けと、オクラとツナのねばとろサラダと
ニラと玉ねぎのおひたしも差し入れ。


友達は、同じくいただいたサバで〆サバと
アクアパッツァ、タコとベーコンのアヒージョを作ってくれました。


もう1人の友人は自分で釣ったカマスで作った
〆カマスの炙り!これもうまい!


島を出る友達もイカのバター醤油焼きと
ワインを2本差し入れしてくれました。




肉は一切なし!(笑)
すべて魚と野菜!(笑)

そしてお魚は全ていただきもの。
メンバーそれぞれがいろんな島の方に
いただいたもので料理を作って持ち寄りました。

ありがたい島暮らしです。


少しの時間と手間をかければ
いただいた魚でこんなに美味しい料理が楽しめるんだよねって
みんなで顔を見合わせちゃいました。


しかも旬の魚がたくさん食べられる環境が
とっても幸せ~

集まったメンバーはみんな魚好き、お酒好きなので
美味しい料理と楽しい会話でとっても盛り上がりました!


島を離れるけれど、また春には戻ってくるということなので
楽しみに待っているよ~


頑張ってね~!!
帰ってきたらまたおかえりなさい、魚パーティしようね。