2017年12月11日

島のクリスマスイルミネーション!!

おぢか島では毎年恒例、
役場の敷地内で「クリスマスイルミネーション」が始まりました!



毎年この時期になると役場の方々がイルミネーションの電飾付けをしてくれて、
夕方からは、とっても綺麗なクリスマスのイルミネーションを楽しむことができます。

真ん中には、小値賀島のゆるキャラ「ちかまる」君が
サンタバージョンになっているイルミネーションもあって、とてもかわいいんですよね。



都会にいたときは、どこもかしこもクリスマスムード一色!
道路もお店もイルミネーションで輝いていていましたが、
島に来ると、「そういえばもうすぐクリスマスだっけ?」
「ハロウィンっていつだっけ?」と世間では当たり前になっている
イベントなどを忘れがちですが(笑)

クリスマスだけは毎年こういうこういう手作り感のあるほっこりとした
イルミネーションを見ることができて、小さな島らしくていいなと思います。

しかも、この辺りは暗いので、イルミネーションがとても綺麗に見えるんですよね。





まだ、訪れていない方はぜひ見に行ってみてください!(^^)!
毎年同じ電飾を使っているようですが、少しずつ飾り付け方を
変えているようなので、去年見た方もまた今年も楽しめるはずです!!

夜にこういうところで「夜カフェ」なんて開いても面白そうですね。
せっかくのイルミネーション、ただ、見たらすぐに帰るのはもったいないので、
あたたかい飲み物を提供したり、ストーブのようなものをたいて
みんなで集まってワイワイしながら、イルミネーションを見て冬の夜を楽しむ感じ☆
そういうイベント、いつかやってみたいな~♪


ちなみに、役場の前以外にも
「姫の松原」という松林が450mほど続いている景観地にも
イルミネーションが飾られていたり、
浜津のバス停の近くや「江川商店」もとても綺麗です。

各家庭でイルミネーションに力を入れているところもあり、
冬の夜はそういうところを見つけて散策するのも楽しいなぁと
思います。


クリスマスまであと2週間!!
楽しみですね~!(^^)!
  


Posted by みのりん at 16:00Comments(0)おぢかの恒例行事のこと

2017年12月09日

採れたて!新鮮な島の魚をいただきます!!

久しぶりにお魚をいただきました。

しかも私が大好きな「サバ」!!
小値賀島では漁獲量が少ないため
なかなか手に入らない貴重なサバを
知り合いの漁師さんから差し入れしていただきました。




しかも、すでにさばいてくれていて、
刺身用のさくの状態になっていました!
ありがたい!

さらに、シイラの刺身まで!豪華!

嬉しい!

サバはいただいた当日の朝に採れたものだから
新鮮で、刺身でも食べられるよ!とのこと。
大好きなサバを刺身で食べられるなんて、贅沢♪

せっかくなので、片身はバーナーで炙り、
炙りサバを作ってみました。



バーナーは島暮らしでは大活躍しています!!
もともと、お寿司でも炙り●●というのが好きでしたが
まさか自分で魚を炙る日が来るとは思ってもいませんでしたね(笑)

炙ると、皮と身の間の脂が溶け出してきて、
香ばしい皮との相性も抜群で、最高に美味しいんですよね。


いただいたお刺身のサバとシイラがたくさんあったので、
友達にも声をかけて一緒に夕ご飯で食べることにしました。


サバ、脂がのっていて美味しい!(^^)!
シイラも前日にさばいたから、ということでしたが
まったく問題なく美味しくいただきました!
友達にも大好評!!


そして、昨日は友達の家族が島に遊びに来ていたので
漁師さんがお宅に招いてくれて、私も一緒に夕食にお邪魔させていただきました。

「アラとアカハタの魚の鍋」と「黒あなご=とへ」の湯引き、とへのしゃぶしゃぶ
「ハガツオとイカの刺身」「アラと大根の煮つけ」をいただきました。



アラとアカハタの鍋は魚の出汁がぎゅっとつまり、旨みが凝縮していて
ポン酢なしでも十分おいしかったです!※写真撮り忘れた~泣

大好きなハガツオの刺身とヤリイカの刺身も
美味しい~!

さらに、今回は小値賀でも珍しい黒あなご=とへもプリプリしていて
美味しくいただきました。
とへの湯引きは手作りの酢味噌で。
とへのしゃぶしゃぶは初めてでしたが、湯引きよりもプリプリとしていて
コラーゲンたっぷりでおいしかったです。

お友達のおかげで私も美味しいごちそうを
楽しむことができました!(^^)!
ありがとう!


静岡から小値賀に戻り、
また島の恵み、人の温かさに感謝する日々が始まりました。


これからも小さな幸せを1日1つでも見つけられるといいなと思います。
今日は美味しいお魚で幸せを感じられた一日でした!(^^)!
ごちそうさまでした。

  


2017年12月08日

ただいま。おぢか島。

1週間ぶりに小値賀島に戻ってきました。

たった1週間でしたが、島に移住してからこれだけ長く
島を離れたのは初めて。

島に戻ってくると、なんだかほっとしている自分に気づかされたり。
「帰ってきた」と思う気持ちが出てきたり。

島外に出ていた刺激的な1週間を終えて戻ってくると
そこには、1週間前と変わらない日常がある。

でも、自分自身の気持ちは島を出る前より
今の方が少しだけだけど、前向きになっている気がする。

日常は変わらない。
でもそんな当たり前の日常の中に、自分で何かワクワクする楽しみを
1つでも見つけられたら、きっと楽しいんだろうと思えるようになった
自分と出会えた。

一度、自分がいる場所を離れてみると、
大事なものが見えてくるってこういうことなのかも。

帰ってきたら、さっそくお世話になっている島のお母さんから
手料理のおすそわけをいただきました。

お昼ごはんに食べてねって。
心遣いが嬉しい~♪

小値賀の郷土料理のひとつ「押し寿司」
見た目も鮮やかなこのお寿司、好きなんですよね。



おかずも手作りのさつまあげや大根とイカの煮つけ、
ポテトサラダなど、豪華!!



このボリュームは1食では食べきれず、
半分は夕飯にもいただきました。


ありがたいおすそわけごはん。
いまだに根付いているおすそわけ文化に感謝。


久しぶりの小値賀。

戻ってきて早々、島の人の温かさと島の料理に
ほっこりした1日でした。

ごちそうさまでした。
またしばらく頑張れそうです。
  


2017年12月05日

大切な家族と。

静岡といえば、やっぱりマグロ!!
小値賀島でも魚はよく食べているけれど、
マグロは静岡も本場なので美味しいんですよね。



今回は、私が久しぶりに帰ってくるということで
手巻きずしを用意してくれて、美味しいと評判のお店でマグロも
ゲットしてくれました。
手巻き用にカットしたものと、ねぎとろ用のすきみ。

特に部位の指定はしていなかったようですが
中トロくらいの脂ののり具合で激うま!?びっくりでした。
美味しいマグロ。幸せ~♪


カツオも、小値賀ではハガツオが主流ですが
静岡では真ガツオが主流。
久しぶりに真ガツオを食べましたが、これも美味しい!



その他、アジのプリプリの刺身や
厚焼き卵、キュウリ、納豆、サラダなど、好きな具材を巻きながら食べる
手巻き寿司は私の家族もみんな大好き!!

ちょうど、姉のご主人からお土産で「獺祭」の日本酒が
ミニボトル3種類で送られてきたとのことで、
せっかくの機会にみんなでいただきました。ラッキー♪



日本酒×魚はやっぱり合う!
日本人でよかった~と幸せな気持ちになった夕食でした。


両親も久しぶりの実家への帰省を喜んでくれていて
お酒好きな両親とともに、楽しい時間を過ごすことができました。



「酒好き」「魚好き」「人が好き」「楽しいことが好き」「じっとしていられない」
「しっかりしているように見られるけど、どこか抜けてる(笑)」などなど、
やっぱりこの親にして、この子あり!?と思うことがたくさんあるのも面白いし、
この両親の元に産まれてこれて本当によかったなぁと
改めて感じられるいい時間でした。


今の私がこうしていられるのも両親のおかげ。
日々感謝です。


たまには面と面を向かって「ありがとう」を伝える時間は
必要だなぁと感じました。

大人になると意外と素直に言葉にできるようになった自分に気づき、
言葉で伝えることの大切さも実感しています。


これからも自分の身の回りの大事な人を
大切にしながら生きていけたらいいなと思います。

  


Posted by みのりん at 18:20Comments(0)お気に入りの場所

2017年12月04日

日本一の富士山と紅葉を楽しむ静岡への小旅行。

今回は久しぶりに実家の静岡へ帰省しました。
昨年の年末からなので、11カ月ぶり?!

深夜に到着し、翌日友達との約束があったので
近くのサービスエリアに出かけてみると、とっても綺麗な富士山の姿が見れました。

やっぱり、生で見る富士山はかっこいい!!



今年、地元にあるサービスエリアに新しくできたばかりの観覧車は
富士山が一望できると人気のようです!たしかにこのアングルでもちゃんと見えます!



翌日は別の友達と会うために、お隣の市、富士宮へ。
ここには、富士山の本宮「浅間大社」という神社があります。
大きな赤い鳥居と富士山。画になります。今日もいいお天気!!



神社にある紅葉もとてもきれいに色づいていました。



小値賀島は針葉樹が多いので、落葉広葉樹はあまり見かけないため
紅葉で秋を感じる機会が少ないけれど、静岡は落葉広葉樹が多く、
「秋が来たな~」と自然と感じていたことを思い出しました。







自然から四季を感じられるってすばらしいなぁ。
久しぶりに紅葉の道をお散歩して、癒されました。

当たり前だったものがなくなると
大切さがわかるとよくいうけど、たしかにそうだと思いました。

富士山も紅葉も静岡に住んでいた頃は当たり前のように見ていたけれど
今は遠く離れた島暮らしをしていて、富士山は年に1度位しか目にすることがないので
久しぶりに見ると、なんだか自然と嬉しい気持ちになります。
やっと会えた!という感じ。

やっぱり「地元」がある。そこに大事な景色がある、
会いたい人がいるというのは特別なものだと感じました。


99歳になったおばあちゃんとも久しぶりに会えてうれしかったです。
しばらく実家でゆっくりしたいなぁという気分になりました。

  


Posted by みのりん at 18:19Comments(0)お気に入りの場所

2017年11月26日

休日は小値賀産のサツマイモでパン作り♪

休日はパン作り。

ちょうどお友達のお母さんが誕生日とのことで
プレゼント代わりに差し入れに手作りパンを。

糖分を気にされているようので、ケーキではなく
甘さ控えめのさつまいもパンを焼きました。



もちろん、使っているのは小値賀産のさつまいも。
そして、できるだけ身体によい食材として
全粒粉や、きび砂糖、スキムミルク入りです。

ほんのり香るさつまいも。
甘さ控えめながら噛むほどに優しい味わいのパンが
できました。

お友達のお母さんも、すごく喜んでくれたようで
嬉しかったです。

お金はないけど、時間と手間をかければ
よろこばれる差し入れになるのが料理のいいところ。
だから料理は楽しい。

これからの季節、またサツマイモが手に入ったら
さつまいもパンやさつまいもケーキを焼こうかな!(^^)!


そして、今夜は寒い夜なので
身体があたたまる「スンドゥブ鍋」を作りました。
あとは、ビール入りのポテトのフリットとだし巻き卵、もやしのナムルを作って乾杯!




念願の箕面ビールが手に入ったとのことで
地ビールで乾杯!
さすが、日本でも有数の地ビールだけあって、
おいし~♪幸せ~♪

ピリ辛のスンドゥブ鍋は、小値賀産の白菜やカブ、
玉ねぎ、小値賀の豆腐入り!

ビール入りのフリットは、衣がサックサクで美味しい!
冷めてもおいしいこのフライドポテトはアタリ!!

今回は片栗粉と小麦粉、ビール、クレイジーソルトを入れましたが、
コクを出すために、今度は黒ビールを入れてまた作ろうっと♪

だし巻き卵は、鯛の魚醤入りで上品なお味に。

ゆっくり楽しめた家飲み。

今回は朝から夜まで料理三昧!
充実した休日でした。

やっぱり料理は楽しい。  


Posted by みのりん at 18:24Comments(0)島暮らしのいろいろ

2017年11月25日

今夜は肉祭り!自然の恵みに感謝!

先日の夜は、猪肉好きメンバーが集まって
猪パーティー♪

小値賀島でメンバーが捕獲した猪を解体し、
部位ごとにわけて保存しておいた猪肉を使って
それぞれで料理を持ち寄り、猪肉飲み会をしました。



使っているお肉は全て小値賀産の猪肉!!
いろんな料理に変身!!


主催者のお宅では「ボタン鍋」を準備してくれて、
猪肉も、とても綺麗な薄切りに。
ロースとバラ肉。山椒がいいアクセントに。



すごく綺麗色のお肉です!赤身のお肉は、ロースと背ロース、バラ。
これこそが自然の恵み。
野生の動物ならではの健康的な色合いなのかも。美味しそう!



市場価格では1kg7000~8000円ほどする猪肉を
こんなにたくさん、豪華!!猪肉好きにはたまらない!
嬉しい~!!


その他、参加メンバー手作りの猪料理の数々。
これは、猪肉の角煮。圧力鍋で煮込んだお肉はやわらかくて臭みもなく美味しい!



こちらは猪肉と鶏肉の燻製。手作りジャーキーです。
お酒のおつまみに最高!



私も二品差し入れ!
猪肉のやわらか生姜煮と、猪肉のスペアリブ。



生姜煮は圧力鍋で柔らかく煮てから臭みをとるために
一度煮こぼしてから、たっぷりの生姜や醤油、酒、みりん、砂糖で味付け。

猪のスペアリブは、あばら骨を醤油や酒、みりん、にんにく、生姜の
たれに漬け込んでおいたものを、魚焼きグリルでこんがり焼きました。
ビールのつまみにぴったりです(笑)

一人は今が旬の「ヤイト」の刺身を差し入れしてくれました。



ヤイトは「スマ」の幼魚。小値賀島でも毎年この時期に揚がる魚のようです。
脂が乗っていておいしかった!!


島で採れた美味しい猪肉、そして新鮮な島の刺身、それにビールや焼酎で乾杯。
美味しいごちそうと、楽しい会話でとってもいい時間でした。

さらに、ちょうどお邪魔したお宅のお父さんが、今年88歳になられるということで
先日ご家族や親せきが集まって行ったときの「米寿」のお祝い黄色座布団と
黄色い帽子があったので、それをかぶってもらって、記念撮影!



とっても笑顔が素敵なお父さんで、みんな癒されました。

「いい人生だったよ」
その一言が胸に響きました。

「まだまだあと20年は生きなきゃですね~!」と言いつつ、
自分も同じくらいの年まで生きられたら
「いい人生だった」と言えるような人生をこれから歩んでいきたいなと思った時間でした。


最近、いろいろモヤモヤすることが多かったのですが、
この飲み会で気持ちがリフレッシュできてまたがんばろうという
気持ちになりました。

楽しかったぁ!!
ありがとうございました。


自然の恵みに感謝!
ごちそうさまでした!
  


2017年11月20日

久しぶりのご近所さんとの飲み会。

一昨日は久しぶりにパンを焼きました。

ABCクッキングに通っていたこともあり、
覚えたパンも具材をアレンジしながら
何度も作ることで安定した美味しいパンが
焼きあがると思い、時間と心に余裕ができたときに
パンを焼いて、お世話になっている方々に
おすをわけをしています。

今回は
「レーズンとくるみのライ麦ブレッド」です。



いい感じに焼けました☆
さっそく最近、ごはんをごちそうになったり
アジをいただいた方におすそわけに行きました。


そんな休日。
今日もまた知り合いの釣り好きなおじさまから
アジをいただきました。




太くて大きめなアジ。美味しそう!!
さっそく刺身用と塩焼き用に下処理をして
ご近所のお宅へおすそわけ。




アジで乾杯しましょうか!ということで
久しぶりに夜にご自宅に飲みに行かせていただくことになりました。


ご近所のお兄さんにも声をかけたら
ちょうどソウダガツオが最近手に入ったから
持っていくよ!といってくれて、
とても豪華なカツオの刺身盛りを差し入れしてくれました。



すごい!!脂がのっていておいしそう!!
これ、一皿いくらするんだろ~?!
という豪華さ。ありがとうございます!


1か月半ぶりくらいにこちらのお宅での飲み会をしましたが、
やっぱり自分の地区は落ち着きますね(笑)

私が小値賀に移住してきた2年半前からずっとお世話になっている
方々なので、昔も今も知っていて、いつも気にかけてくれる
小値賀のお父さん、お母さんたち。

私が今、こうしていられるのもご近所のみなさんが
温かく受け入れてくれているからこそです。

自分の拠点があることは
島暮らしをする人にとってとても大事なことだなと感じます。
いいこともつらいこともある。
そんなとき、親身になって話を聞いてくれる人たちが
私にはできました。ありがたい存在です。


単身で移住してきてから、
自分の居場所があることを再確認できる場を作れたら、
それは幸せなことです。

私にとって、この地域に住まわせていただいていること
この地域の方々と出会えたことに本当に感謝しています。


これからどれくらいここにいられるか分かりませんが、
小値賀に一人暮らしで住む限りは、できるかぎりこの場所に
いられたらなと思っています。よろしくお願いします。
  


2017年11月19日

旬のハガツオとアジの刺身盛り!

先日、休日に畑作業をしていると
ご近所の漁師のお父さんから
「ハガツオいるか?」と言われて「はい!もちろん!」と即答!(笑)

久しぶりのハガツオ。しかも半身もいただけるなんて、嬉しい!!



しかも、この日は別の知り合いの奥さんにも
アジをおすそわけいただきました。ありがたい!



さっそくハガツオは背中側は皮をはいで、お腹側は
バーナーで炙ってみました。いい感じ。



アジも刺身にして、ハガツオと一緒に盛りつければ
豪華な刺身盛りが完成!美味しそう!!



焼酎のお湯割りとともに、乾杯!

ハガツオ、脂がのっていて口の中でとろける~♪美味しい♪
アジも新鮮だからこその、プリップリの食感、うまし!

はぁ~、幸せ。
お魚はどれだけ食べても飽きないですね。
魚好きでよかったと日々感じる島暮らし(笑)

島に住むなら、魚が好きなことは大事なポイントですね。
やっぱり魚好きな人のところには、自然と集まるのかも?!
島に移住してからの「魚が好き」と言い続けてきた
刷り込み効果は抜群です(笑)


まさか1日で2種類のお魚をゲットできるとは。。。
島民のおすそわけ文化にふれた、嬉しい休日でした。

ありがとうございました。
ごちそうさまでした。  


2017年11月17日

野崎島にある謎の巨石「王位石」へ!!

一昨日は現場研修をかねて、久しぶりに野崎島へ。

目的は「王位石(おえいし)トレッキングのツアー」に同行させてもらい、
現場の雰囲気を知り、今後のお客様への案内に生かすため。

その中、ガイドがお客様へどんな案内をしているのか、
知識だけでなく、どのような場づくりを心がけているのかなども
学ぶための研修にいってきました。

王位石に登るのは1年ぶり。
去年は自分たちだけでの研修だったのでツアーに同行するのは初めてです。

これが、謎の巨石といわれている「王位石」。
高さ24m、上にのっている大きな岩は8mほどの大きさ。



自然現象なのか、人が作ったものなのか
いまだに謎だらけの王位石と、その岩の下に建立された
沖の神島神社に参拝するトレッキングコースです。


お客様とともに朝7:25発の町営船はまゆうで野崎島へ。
あいにく風が強く海は若干時化ていましたが、
朝日が見えて、天気は良さそうです。



港に到着し、自己紹介や説明をした後に出発。
最初の登りがかなりきついとのこと。
ちょっとドキドキ。

この鳥居が王位石へ登る登山道の入り口。
「金毘羅山」の鳥居。



ここからは右手に海を眺めながらひたすら登ります。



場所によってはかなり細い道もあり
足元も悪く、わかりずらいので
ガイドなしではおそらく迷うと思います。。。
初めての方はガイドツアーに参加したほうがいいですね。



かなりきつい登り道を超えて1時間半ほど歩くと、
いよいよ王位石が近くなってきたようで、周りの雰囲気も変わりました。
やはり神聖な場所に近づいていることを気づかせてくれます。



こんなに大きな岩がまわりにごろごろ。すごい。
しばらく急な下りが続いたところに、ようやく沖の神島神社の階段が!ついた!!



神社の写真は撮り忘れてしまいましたが、
ここから上を見上げると、王位石がそびえたっているのがわかります。



神社に手を合わせた後、いよいよ王位石へ!
両手両足をフルにつかって登り、ようやく到着!片道1時間40分とハイペースで到着できました。

王位石は前方から見るとまっすぐ立っているように見えますが、
実は横から見ると、少し斜めになっているのがわかります。
とにかくどれも石が大きい!



王位石の間からは小値賀島が見えます。






正面から撮影すると光が反射し、とても神々しく映りました。神秘的!



個人的にはこのアングルが好き。かっこいい。



王位石から眼下を眺めると、沖ノ神島神社のグリーンの屋根と
小値賀島が一望できます。とてもいい天気で気持ちがいい!!

野崎島にある沖の神島神社と小値賀島にある地の神島神社は
対になっていて、その真ん中の海底にも鳥居があると言われているようです。



ここは本当に目立つ場所に神社が建てられていて、
遣唐使の時代から王位石を目印にしていたことや
沖の神島神社が昔から航海安全祈願をしていたという
歴史を自分自身の目で見て、肌で感じることができました。

ここまでの道のりはかなりきつかったけど、
この場所に立つと、やっぱり来る価値があるなぁと実感。
とてもいい時間でした。

ここに1時間ほどゆっくり滞在。
帰りは歩くペースも速く帰れたので、お昼過ぎには到着!




途中、展望所に立ち寄るととても綺麗な海が見えました。
「軍艦瀬」という場所。「ゴジラのしっぽ」とも呼ばれています。たしかに似てる!



帰り際、野崎港周辺の集落跡やサバンナに野生の鹿がちらほら。かわいい。





ここは日本じゃないみたい。





トレッキングの後はフリータイム。
お客様を旧野首教会まで案内しました。





天気もよく、青い空と赤い教会のコントラストがとても素敵でした。
お客様も感動!!



こんなに素晴らしい教会が100年以上も前に建てられて
今もこうして残っていることが小値賀町としても貴重な財産に
なっていると思います。

ここからの眺めも気持ちが良かったです。



帰りの町営船の時間に間に合うように
ゆっくりとまた教会から港へ戻るときに
野首海岸が綺麗に見れました。





相変わらず、コバルトブルー?エメラルドグリーンの野崎島の海はとてもきれいでした。
来年の夏はここで思いっきり泳ぎたいなぁ。


あっという間の7時間。
王位石トレッキングは4時間半ほどで、やはり簡単にいける場所では
ないけれど、行く価値のある場所だと再認識できた貴重な研修でした。
このリアルな経験をこれからお客様への案内に反映していけるように頑張ります。

小値賀島、そして野崎島の魅力をこれからも一人でも多くの方に伝え、
守っていく取り組みもしていきたいと思います。

小値賀島に住んでいる方も、野崎島に行ったことがない方や
数十年前に行ったっきり、という方もいらっしゃるので
そういう方々にも「今」の野崎島を見ていただく、感じていただきながら
島の魅力をみんなで守る活動につなげていけたらいいですね。


野崎島、本当におすすめのスポットです。
http://ojikajima.jp/category/nozakijima/nozaki